FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2020年08月05日 (水) | 編集 |


亡くなったのは唯一の伯母

そんな訳で遠くても葬儀には参列するつもりだったのだけど、コロナの関係もあって葬儀も様変わり

北海道のお葬式では親族は深夜までの通夜振舞いの後は斎場で一緒に寝泊まりして、翌日の告別式にも出席するのが通例なのだけれど

感染対策で通夜葬儀には参列せず遺族とも会わず斎場入口で記帳と焼香するだけの形が主流となり、そして今回も近隣の親族はその形のよう。


見送ることも出来ないのも悲しいし、最期に顔だけでも見たい

でもあちらにも色々気を遣わせてしまうし・・・

遠方の私はホテルを取って出席しようかとも思ったけれど、東京から肉親も来るそうなので、通夜葬儀の出席は諦め、自宅での湯灌の前に顔を見させてもらってお参りだけすることにし、その旨をあちらにも連絡をした。

その間、東京組は部屋に籠り、私との接触はない形にしてくれるらしい


懐かしい話もしながら送り出すことも出来ないなんて寂しいよね。

これがコロナ禍の影響なんだね。


別の高齢親戚と電話で話しをしていたら、通夜の席でコロナの感染者も出ているそうなので通夜葬儀には行かないといっていた。


高齢だしね、仕方がないいよね。


そんな風に思っていたら、私があちらの家に行ったら、ご夫婦でちゃっかり居ましたよ(笑)

私が「1時に行って顔だけみてお参りしてくる」と口を滑らせていたので、黙ってその時間に便乗したみたい・・・



悪い方たちじゃないんだけれど、伯母が認知にかかって施設に入っても一度も見舞いには行かなかったのは知っている。


行っても行ったことが判らない人や場合には行かない

けど判る人がそばにいる時は行くってことなのかなぁ

親戚づきあいもある意味、アピールという意味合いもあるのかもね。



それに家へのお参りもコロナの影響で考えるところがあったのだろうけれど、どうせ私が行くのだし自分たちも連絡せずに行っても非難もされないのだろうと考えたのかも

そうでなかったら近くに住んでいて、たっぷり時間があったのにピンポイントで私とバッティングするなんてありえない



私はそういう立ち廻りが出来ないのよね。


相手の会話の端端から自分に必要な情報だけ抜き出して上手に立ちまわるってことが



「自分が行きたいから行く」


ただそれだけで、


だから「行ってもいい?」


アホみたいに直球でそう聞いてしまう


やらかした事に後から気が付いて、ものすごーく落ち込む事もあるし

ひとりよがりだったかなぁとか

しなければよかったかなぁ気に病むこともある


たぶん私は女社会では生きていけない

仲間外れの対象になる部類



と言っても予期せぬ訪問をされ、あちらの親族はびっくりしたみたいだけれど

こっそり「一緒に来ることになっていたの」と確認されちゃったよ・・・。


ご夫婦と私が一緒になったせいで、思いっきり「密」になっていたものね・・・(苦笑)


コロナで皆が神経質になっているご時世で普段と勝手が違うのだし、せめて時間をずらすとか密にならない様に前もって連絡ぐらいしていけばいいのに・・・とちょっと思った。



時間調整で幼い頃、父たちと一緒に行った公園に行ってみた
IMG_1161[1]

昔より整備されて綺麗になったような

橋を歩くと振動で人が来たと判ったのか鯉が集まってきた
202008032118358e3.jpeg
沢山集まり過ぎて、ちょっと気持ち悪(笑)








にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村