FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2020年08月12日 (水) | 編集 |


親の介護を終え、無事に看取った後、まもなく亡くなった人を数人知っている。

父も血の繋がらない継母である祖母を遠距離介護をし続け、送り出したその夏に倒れた。

初盆を終えた直後だったので、何につけても父に頼りきりの祖母が父を迎えに来たのかと思った。


お墓の前で

「お父さんを連れて行かないで、まだ早いから」

そう何度お願いしたことだろう


それから10年の月日が経ち、父も彼岸の地へと旅立った。

あちらでもまた祖父母の面倒を見ているのだろうか

それとも幼い日に死に別れた実母になる祖母と幼い兄妹たちと逢っているのだろうか


私を迎えに来ないのは心配していないからなのか

それとも忙しい過ぎてこちらのことは思い出す暇もないのか。


今年も迎えに来なかったなぁと思いつつ、2度目の盆を迎える






にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村