FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年11月23日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク


昨日TVで泥棒の手口などを紹介していてふと思い出した。
ウチも気づかないだけで入られていたかもしれないなーと
実際、庭の私が歩かないない処に足跡が付いていたこともあったし

今は絶縁となって居る弟は根本的に何処かおかしいんじゃないかと思う程だらしがない。

戸を閉める事はまずしない
寒い冬でもドアを開けっぱなしにして行動する。
他の人が寒かろうと関係なし
何かを使ったら使いっぱなし
汚い、気持ち悪いという言葉は存在しないかのように他人の物でも平気で使う

その中でも参ったのが、窓の鍵、玄関の鍵をかけない事

しかも友人の都合上、私が寝た深夜1時くらいに遊びに行くのでチェックしようがなかった。
いくら田舎とはいえ、無施錠の家に女(私)1人で無防備に寝ているという状態を何も感じない弟の身勝手さにもほとほと呆れたけれど。

実家の鍵はきちんと渡してあるにも関わらず、昼夜を問わず玄関と窓の鍵を開けて出かける。一応都内に住んでいるのに、何故に防犯という意識がないのか私には理解できないが、弟が都会へ戻った後に外からふと見ると1階の弟が使った部屋の窓の鍵が開いていてヒヤッとしたことが何度かある。

電話して理由を聞けば、鍵を忘れたから、出かけている時に鍵をかけられたら家に入れなくなるから、念の為に窓の鍵を開けていて忘れたというのだけど、1度だけならまだしもその後は注意して鍵をきちんも持ってくればなんて事はない事なく時間を空ければ忘れたように繰り返す。夏ならまだしも寒いこの北海道で冬に窓を開けるという事すら思いもつかなかった私も帰った後も点検することはなく、しばらく窓に鍵がかかっていなかったという事もあった。

いくら田舎とはいえ、日中は働いていて無人、
朝7時半から夜9時近くまで留守の家なら泥棒も入り放題だっただろう

だって家の前に車があれば在宅
無ければ留守というとってもわかりやすい家だものね。

普通、「鍵を忘れたから貸して」と言うとか、締め出されたらチャイムを鳴らすとかで済む話なのだけど、言うより「都合の悪い事を隠す」ことを選ぶ弟に会社でもこんな仕事の仕方をしているのだろうか・・・と思ったりしたのだけど、聞いたって「都合の悪い事は隠す」のが当たり前なので正直に言うはずもなく

渡した実家の鍵も帰省の時に持ってくることは殆どなく無用の長物だった。

よく汚部屋でも他人に迷惑をかけないのだから気にしないという人が言うけれど、だらしない人は他人に迷惑をかけていることに気が付いていないだけ・・・という事もあると弟が体現している。

だから玄関ドアを替えた時は本当に安心した。

取られる物のない貧乏実家だけど、そんな弟のせいでもし泥棒に合いカギでも作られていり、盗まれていたら、いつでも泥棒が入り放題だったわけで、玄関ドアを変えたことはそんな恐怖から逃れる事が出来たからだ。

当たり前だけど、そんな事があっても弟からの援助はない

せっかくドアを変えたけれど、縁あってこちらで暮らすことになった。
実家は殆ど空き家同然となったし、弟にも新しい鍵は渡してあるけれど合鍵が簡単に作れない玄関にしただけ離れていても安心できる。
取られるものは何もなくても、やっぱり怖いし気持ち悪いものね。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック