FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年01月05日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


とあるブログを貪るように読んでいる。
年齢は私より、少し上だろうか・・・

最初読んだ時、びっくりした。
まるで自分の事?
そう思ったくらい

違うのはその人は10年ほどの結婚生活の後に離婚して
私は同居はしたけれど籍を入れる前に別れた。
50代のマザコン旦那さんは貯金が出来ない人だったようだけど
私の50代マザコン元カレは母親に給与すべてを渡してお小遣いをもらっていた。

それくらいか?

経済力があり、家すら建てられる仕切りたがりの姑と母親第一の夫
嫁を養うって気持ちはほとんどなく、生活を落とすのを嫌がるのに「これで暮らせるのか」とだけ言い、足りない分は母親が出してくれるというのを素直に喜べる人
でも他人から見れば「優しくて良い人」だと評されるんだよねぇ
あちら側の親族からは出ていく嫁はキツくて自分勝手な人だと思われてしまう

厳密にいえば同居問題とか、家族の事とかいろいろ違うけれど、なんていうかマザコン夫って同じなんだなーと

その人と同じように私も子供を考えたこともあったけれど、すぐに授かる事が出来たとしても子供が高校卒業する時には70過ぎ
それなのに義母から「子供を作ってもなんとかなると思うんだねぇ」と言われ驚愕したのを覚えている。
何故結婚する前からそんなデリケートな事に口を出すのかと

ちなみに元カレに「70まで働くつもりある?」と聞いたら即答で
嫌だよ、そんな年まで働きたくない

子供が欲しそうな事は言っても子供が高校卒業まですら働きたくない
この矛盾

「なんとかなる」というのは
私が超高年齢出産をした後に就活して乳飲み子の子育てしながら親も看てフルタイムで働けば「なんとかなる」という事

40も過ぎればフルタイムの仕事を見つけるのは難しいのに小さい子供を抱えてのそれははっきりいって現実的ではない
世の中にはそうして子供を育てている母親もいるのだろうけれど、きっと父親もそれ以上に働いているはず・・・。

自分は働きたくないけど、お前は働けっておかしいよね・・・

昔と違って今の子育てはお金もかかるのに
習い事がしたくても諦めさせ
休みの日も何処も連れて行ってあげれず
まして子供が進学したいと思っても親が無職ならあきらめてしまう

「なんとかなる」

もともと嫌いな言葉だけどそれからその言葉がますます嫌いになった。
一見前向きでポジティブに聞こえる事だけど、実現に至る論拠がないのなら凄く都合のいい言葉になり下がる言葉に思えてしまう。
無責任に「なんとかなる」という人は「なんとかならなかった」時に責任を取る訳でもなんでもないのだよね。

話は脱線したけれど、遠くにひとりで住むその人を応援している

その人の迎える未来は私にも訪れる未来かもしれぬ。
ひとりで頑張るその人が幸せを感じられたのなら、きっと私もそう感じられる時が来るだろうから

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック