FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年01月09日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク


各地の成人式の様子が夕方のニュースで放映されている。

私が成人式の時はもう28年前か・・・
遠いようでついこの間のような気がする。

夢も希望もあった頃
未来が幸せなものだと信じていた頃

男親で育った私は振袖は買わなかった。
父は一応「買うか?」と言ってくれたが、自分で買うのも気がひくくらいに高いものだと判っていたし、買ったとしても着る機会など殆どないのも解っていたので遠慮した。

幸い知り合いの知り合い(要は赤の他人ともいう)が貸してくれたので、ありがたく成人式には参加した。
買ったものは髪を縛る大き目のリボンくらいか
レンタルでも10万20万のお金がかかることを考えれば、なんて安上がりに済んだのだろう

TVで映し出されるそれは煌びやかで厳かなイメージだったか、実際の成人式は町長の祝辞と誰だか忘れたが名士と呼ばれる人の祝辞、そして記念撮影だけだった気がする。
記念品に安っぽいボールペンセットを貰い、あまりにあっという間に終わって拍子抜けしたものだ。

ああいうものワクワク感や楽しさは式が始まる前がクライマックスなのだなぁと今なら思う。

成人式に出ないという人も多いらしい
まぁ気乗りもしないしそんなお金をかけるなら他にかけたい
それは判る

結婚式と違い、成人式は一生に一度

出なきゃ思い出は何もないけれど、つまらなかろうと、無意味に思えようと、出ていればそれはそれで思い出になるものだなぁと、遠く過ぎ去ってから感じる。

それはそうと選挙権を18歳にするなら、成人も18でよくね?と思うおばちゃんがここにいるのはさておき、新成人の皆さんの未来が明るいものでありますように・・・

(貴方たちの納める年金が私の老後を支えるものでね・笑)


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック