FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年12月10日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク


付き合い下手ゆえに同年代の友達は殆どいない。

それでも昔は休日は親ほど年令の同僚たちと色々遊びに出かけていたので「寂しい」と思うことはなかった。
当時50代60代だった彼らもいまや70代80代
そりゃそうだ、ウチの父だってもう後期高齢者だもの・・・。

遠く離れた地に居を移してからは彼らとも殆ど交流もない
もっとも遊ぶ元気もそうそうないようだし、
中にはすでに鬼籍に入ってしまった人や認知症になってしまった人もいる。

実家の近所もそう
皆70代80代

ご近所さんとは顔を合わせば立ち話はするけれど、やっぱり内容は○○のご主人が施設に入っただの、△△の奥さんがペースメーカーを入れただの、××さんが亡くなっただの、そんな話題ばかり

親ほどの年代の人としゃべるのは嫌いじゃない
変な気を廻さなくていいし、逆にしゃべりやすかったりする。

だからそんな人の中にいると、自分も大して違わない年令のように思えてくるから不思議だ

違いは働いているか、働いていないだけ

無職だったときはその違いすらなくて、すっかり馴染んでいた(笑)

40代はまだまだ元気で新たに挑戦できることもやれることもたくさんあるはずなのに、週末の私はすっかり気分は定年退職者

もともと出不精だし、本当に退職を迎えたら、引きこもりに拍車がかかりそうだ
その頃にはご近所さんもかなり少なくなっていて話す人もいないんだろうなぁ・・・。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック