FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年10月10日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク


20年働いたところでは、業績悪化とともに「多能」であることが求められた。
年々人員削減をする中「この仕事しか出来ない」という職員より「A作業もB作業も出来るし、何処の仕事でも出来ます」という職員のほうが評価が高かった。
上役がつける考課表には「単能工」「多能工(2~3工程)」「多能工(3~工程)」といった項目があったくらい。

リストラはやはり単能工から始まった
もちろん最初は希望退職を募るところから始まる。
だけど声を掛けるのがそう言う人たちからって事

ここしか出来ない・・・

そう言う人がいると人数が少なくなるほどシフトを組むときに限定され、多能な人にばかり負担がかかるからだ。
非情だと思わなかった訳ではないが、生き残る為に致し方ないことだったのだろう
削減人数に達するまで誰もがビクビクしていたと思う。
そうして仲間を切り捨てていっても、そのうちに部署丸ごとの廃止となる

「事業縮小の為」

ハロワに出す離職票にこの文言を何度書き、何度説明したことだろう。

それでも会社は存続できなかった。
社会の荒波に放り出されると今度は「専門性」を問われた。

中高年になると今まで求められた「何でも出来る」よりも「○○に関しては人より優れている」という事が就活市場ではセールスポイントになる。
中高年になると「広く浅く・・・」というより、「狭くてもより深く」という事が求められた。

業種、業務を問わずに転職してきた私の知識は「広く浅く」だ。
20年働いたところでも色んなことをさせてもらったけれど、所詮は「広く浅く」なのだ。
幸い再就職は出来たけれど、アラフィフになって就活に苦戦し、「専門職の強み」というものを実感もした。

働ける年数が少なくなるにつれ、いつ何かあるのか判らないし、若かりしうちに何かしらの専門性を付けるべきだったと後悔している

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック