FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年11月01日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク


やっぱり、無理しちゃいけない

そう感じたアラフィフの秋・・・。

タイトルそのまんまです。
今までの疲れが出たのか、寒暖差についていけなかったのかガッツリ風邪を引きました。
発熱している段階でそうと思えば良かったのだけど、なまじ体が動けるものだから過信していたわ・・・。

土曜の夜が咳き込んで苦しくて眠れないほどになっちゃいまして
しかも風邪と思っていたのに、なんかまだら模様に変な発疹まで両足に出始めて、こりゃヤバイかも・・・と思って、ネットで内科の休日当番医をさがして日曜に病院に行くことに・・・

急病でもないのに、日曜日に病院に行くなんて・・・と思ったけれど、駐車場がいっぱいになるくらいに受診する人がいてびっくり
中には初診で「足が浮腫んで・・・」という年配者もいて、救急じゃないけど、それもアリなら、風邪で発熱なら許容範囲かと勝手に自分で納得しつつ

それにしても今って「風邪」って言わないんですかねー
「かなりの炎症があります」とはいわれたけれど、風邪とは言われず
発疹に関しては発熱とは無関係のアレルギー反応らしい
月曜日以降に皮膚科へ行ってくださいと言われてたけれど、処方された抗アレルギー薬のおかげか赤みが引いてきたのでそのままにしてある。

結局日曜は丸一日寝て過ごし、月曜以降も出勤はするけれど、普段よりかなりお早い就寝となってしまっている。
今もまだ鼻づまりが解消していなくてかなーり苦しいのですが、あれですね。
毎度思うのだけど、空気のありがたさを感じますねー(笑)
鼻が詰まると、ご飯を食べるだけで苦しくなるので、人間って「酸素がないと生きていけない」という事を感じますわ。
普段は「息をしていること」なんて意識したこと無いのにね。

しかし・・・

弱くなったなー自分

こんなことで寝込むなんて久しぶりだわ

インフルじゃないのは幸いだけれど、風邪といえど感染症
症状がすっかりなくなるまで父のところには行けなくなっちゃった。

こういうのは軽く見るわけにはいけないからね。
たかが風邪でも弱った人には命取りになる。
自分のちょっとの罪悪感のために命の意見にさらすことは出来ないのだから。

意外とそう言うことって気づかない人が多くてびっくりする。
病院でも風邪引いているけれどマスクしているから大丈夫でしょうとか
マスクをしていても鼻をだしてままで、口元しか隠していない人とか

過敏に反応するのはやはり家族にそう言う人を抱えているからなのだろうけれど、自分にとっても「ちょっと」や「たかが」が全ての人に共通するものではないのだけど、今年もインフルエンザの季節になったことだし、また改めて予防接種に行かないとね・・・。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック