FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年12月19日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク


お向かいさんをはじめ、モノを貰うことがある。

何処かのお土産だったり、採れた野菜だったり
何処かから貰ったもののおすそ分けだったり・・・

田舎ならではの付き合いなのかも知れないが、結構そう言う関係って好きだ。

さほど人間関係は広くないのでそうした頂き物をしてくれる人は限られているのだけど、こういう関係も難しいなぁと思うことがある。

お向かいさんからはよく手料理を貰う。
一人暮らしの私には大助かりだし、ありがたい。
何より自分では作れない美味しい料理なのだから尚更だ。

料理上手なお向かいさんは近所の人にもそうした料理のやりとりなどをしているらしいが、私はとんと下手
っていうか料理上手な人にあえて美味しくない自分の料理をお返しに持っていく勇気は無い(笑)

何処かへ入ったお土産なら、自分も何処かへ行ったときに買って来れればいいのだけど、そうそう旅行なんてしない(出来ない)
ほんとのたまーにたまーに出掛けたときに(例えばお盆の墓参り)などに買って持っていくけれど、そうすると今度は気を使わせてしまう・・・。

逆の時もある。

一人暮らしゆえ、食べきれる量は知れている。
だけどそれ以上に貰ったら、腐らせたり、捨てるよりはと誰かに貰ってもらったりする。

すると、中には
「貰っても返せるものがないんだけど」と言われたり
速攻次の日にわざわざ買って来たモノを届けられたりするとあげなきゃ良かったのかなぁと思ってしまったりする。

私は基本、人に何か物をあげることは好きなほうだ。

喜んでくれた顔で満足してしまう。
「美味しかったよー」と言われるだけで満足なのだ。
勿論、あげようとするその人が人間的に好きだったり、お世話になっていたりするからあげる訳で嫌いな人にはあげようとも思わない。

でも自分は貰いっぱなしでは気が引ける
きっと相手もそうなのだろう。

そう解ってはいても、返って悪かったかも・・・と思ってしまう。

なかなか難しいね。



-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック