FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年11月09日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


たまに、業界新聞を読むことがある。

たまたま目を通したら前職の職種に関する記事が載っていて目を引いた。

凄く嫌いで辛くて神経をすり減らした仕事
だけど、自分なりに頑張ったのでやはり関連するニュースは気にかかる。

あの業界事情がある程度わかるのでその新聞記事を読んでゾワっとした

あのまま居続けていたら今年はもっともっと過酷で、眠れない日々と電話恐怖症になっていただろう精神状態がわかったからだ・・・。

忙しさはは例年以上
なのに偏りすぎていてトータル売り上げは上がらない
ある程度維持する為に無理をせざるをえない。
というか、無理を強要される。
無理をすれば綻びが出る
クレーム対応、緊急対応
電話から離れられない
その上に皆が忙しいから仕事の割り振りでさえ謂れの無い文句を言われ
挙句の果てに八つ当たりを受ける羽目になる。

一生懸命考え、あちこちに渡りをつけ練った計画でさえ、たった1本の電話で全て無になることも多々

あぁきっと営業さんはいつも以上に大変だったろうな・・・

こういう情報に接する機会があればあるほど、辞めてよかったと思わざるえない。
正直あの会社で何年働こうと得れるスキルというものは無かったと思うが、あの会社ほど辞めて良かったと思う会社はない。

もし無職期間が続き、永遠に続きそうな就活に心が弱っていたとしても「給料を上げるから戻ってきて」と言われたとしても「戻る」という選択は絶対に無かった。

宛ても無く辞めてしまい、就活にはかなりの苦労があったけれど、あの決断は間違いではなかったと、心密かにかみ締めている。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック