FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2017年12月07日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


無職の友人に何かいい案件はないかと、ハロワのHPを閲覧する日々。

自分が就活していた頃と変わらずに載っている業者が多々あり、「やっぱりな・・・」と実感しつつ、眺めているとその中に見慣れた会社

元彼が働いていた会社

元々、60になったら辞めるといっていた。
考えてみたら、その60の誕生日まで1ヶ月を切っている。
かねてから言っていた通り、退職して悠々自適な生活に入るのだろう。

あちらが60になって退職したとしても私はまだ48

結婚したとしても自分の実家に掛かるお金は自分で払うつもりだったし、働き続けるつもりだった。

「私が働くから、代わりにパンツ洗ってよ」

そんな話をしたあの頃をふと思い出した。

あのまま付き合って、結婚していたらどうなっていたんだろう・・・とふと思うことはある。

二人きりの生活ならまだしも姑との同居、しかもしょっちゅう連泊で遊びに来る仕切りだがりの義姉夫婦との生活は1人に慣れた私にはやっぱりちょっとキツイ。
常に自分の肉親優先の考えの人との夫婦生活は耐えられなかっただろう

この年になると相手の考え方を変えようなんて無理なのだから

自分が変えるか、
あるいは自分が諦めるか

だから別れた事に後悔はない。

あの時、遠い先の話だと思っていた日が今こうして目の前に来た現実に月日の流れるのは早いよなぁと改めて感じただけ

それでも途中退職せずに60まで働いたのだから頑張ったよね。

私も60まで、いや65まで働かないと

ゆっくり出来るその日を夢見て頑張ろう

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック