FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年01月12日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク


何度か職を変えてきたが、どんなことがあっても戻りたくないのが前職

精神的な圧もさることながら
帰宅した後でさえ呼び出され、
どんだけ働こうと残業代、休日出勤代はなし

平日休日を問わず私用携帯にバンバン仕事の電話はかかってくるのに携帯貸与どころか通信料の補助はない

代休だってもらえないことも多々で、やめる時でさえ有休消化すらない会社

まぁここまでならどこにでもあるブラック企業なのだろう
(いや、ないかも?)

だけともう一つまともな会社と違うところがあった

「ウチの人」と「他所の人」と言われる区分

普通の会社なら、この言葉は自社の従業員と他社の人を指すはず・・・

だけど前職は違っていた。

社長は一従業員からのたたき上げの人だった。

社長が社長となる前から一緒に働いていた人や元々の友人は「ウチの人」
そして社長となってから採用された人、あるいは他社から転職してきた人は「他所の人」というわけ

私以外、皆縁故入社の中でそんな区別があるのだから私の紛れもなく「他所の人」だった。

社長から直接の言葉を聞いたわけではない。
聞いていたらどれほどショックだったろう。

「他所の人」と言われる人が自分たちがそう言われていることを聞かされ、たいそう憤慨していた。
浮き沈みの激しい業界故、ひどい時など他所で「あの人たちは他所の人だからなんとでもなる」とまで言っていたらしい
そんな話を漏らす人もどうかと思うが、あながちそれが嘘ではないと感じたのが待遇の差

「ウチの人」と呼ばれる人たちは会社から
借り上げた1軒屋を社宅として貸し与えられるか、住宅補助があった。

ストーブが壊れれば好きなストーブを買って
全額会社からお金を出してもらえ

通勤に会社の車を使わせてもらえている人もいた。

一方、「他所の人」と言われる人たちには何もなかった。

1軒屋であろうと持ち家、アパートであろうと関係ない

まったく何もなし

給料は年功や技術面などであっても仕方がないと思うが、
福利厚生は全従業員同じものじゃないといけないんじゃないの?
差があるとしても既婚・未婚、町内・町外、それくらいじゃないの?

そういう事でさえ、まともな会社ならきちんとした給与規定があり、それにのっとって区分けされるはず

私が普通と思っていたことが根底から覆されていた職場だった。

今の会社の社長も前職社長と同様一社員からのたたき上げだ。

だけど常に会社のことと従業員のことを等しく考えている。

私のようなものに社宅を貸し与えてくれているのはもちろん、業績が上がればボーナスに反映し、努力したものには特別手当を考えてくれる。

自分が従業員だった時代があるからこそ、従業員のことを考えてくれる

それも古参、新人、性別、分け隔てなくだ。

まだ経験も浅く、出来ることの少ないし、立ち位置も弱い
時々ミスもする。

吹けば飛ぶような私の立場

だけどあの酷い前職を経験して、今の境遇に感謝する気持ちが持てることだけはよかったのかもしれない

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック