FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年01月07日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク


信心深くはないけれど父が倒れてからは、お正月3ヶ日の間には参拝に行くようになったけれど、若かりし頃は初もうでなんてしたことなかった。

だけど不思議と神社仏閣を見て回るのは好き。

たぶん北海道って日本建築の古い建物が少ないから、てっとりばやくそういう雰囲気に触れられるのが神社仏閣だからなのかも。

北海道なんて古い建物って言っても江戸末期くらいからだからねー
それに洋館が多いし、古い日本建築なんてあまりないんじゃないかな?
だから本州などへ行くとついつい神社仏閣を見て回ってしまうのかもしれない。

話はそれだけれど、道内外のあちこちの神社仏閣を見て回っても不思議と良縁祈願で手を合わせたことがない。

なんでだろー??

一応適齢期もあったはずで結婚願望がないわけじゃなかったはずなのに

なのにいざお参りとなるとそういう恋愛関係の事がすっぽり頭から抜けいて、お願いするってことすら思いつかないのだ。

たぶん心の底で自分が結婚に向いていないってわかっていたのかな??


老後という日が現実味を帯びて近づいてきて、その日も一人で生きているという事を突き付けられる。

心細い

そう思うのは確かなのだけれど、だからといって積極的に結婚するために行動をしたいとも思えない。

たぶん結婚する前に結婚生活のいいところよりも悪いところだけ知ってしまったからなんだろうなぁ

結婚前ってうれし恥ずかし、わくわくってイメージだけれど、
実際は結婚を意識すればするほどブルーになったもんなぁ

知人友人でも義理の親が認知症になったとか、介護を必要になったとか
あるいは家族のごたごたに義理の兄弟姉妹が絡んで酷い目にあったとか

夫婦の問題や子供の悩みというよりそういう話題が増えてきた。

大恋愛して結婚した人でさえそうなのだから、妥協と諦めと大きな打算で結婚したらもっと悩みは増えそうで一歩が進めない。

でも良縁ってとういう縁なんだろう??

若かりし頃は好きになれる人と出会って結婚するのが良縁だと思っていた。
結婚生活はたとえるならほわほわした淡いピンク色のような

そんな感じ

でもそうして結婚したはずの人の今は??

良縁だったはずがそうでなくなるのは何故なんだろう??

良縁、悪縁、くされ縁

色んな縁はあるけれど、ずーっと変わらずにいられる良縁ってあるのかな


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます♪

良縁祈願
異性との良縁祈願をした事は私もないです。
(だから、アラフォーおひとり様なのか?!笑)

周りの人の結婚の現実や離婚等
失望した事もありました笑

…ので、良縁祈願とは家族や友人含め
周りに良いご縁がありますように...と
これからも願いたいですね^^

2018/01/08(Mon) 22:38 | URL  | ちゃこ #gAj.naBk[ 編集]
ちゃこさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いしますね^^

>良縁祈願とは家族や友人含め
>周りに良いご縁がありますように...

これ、いいですね~
私もそうお願いすることにします
忘れなければ(笑)
2018/01/09(Tue) 19:52 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック