FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年02月21日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク


物凄い大雪にうんざりしながら帰宅した日。
勿論まっているのは除雪。

最低限自分の駐車スペースだけはしないと長靴が埋まるほどの積雪では駐車場から道路へも出れやしない。

お隣も仕事を終えて帰宅してから一生懸命かいている。
いつも親切なここのご主人はアパートの出入り口もかいてくれる。
やはり男手は馬力がある。
あっと言う間に雪が無くなっていく感じ。

いつもアパート出入り口から駐車場までの間も除雪してくれているので、今回は私が道をつけようと駐車場から雪をかいていると反対側から誰かが雪をかいてくる。

その家の息子さんだった。

ちゃんとお手伝いするなんて偉いなぁと思っていたら、誰に言われたわけでもないだろうに、今度は歩道の雪かきをし始めた。

道路はざっくりと除雪車が通ったものの、歩道の上は手付かずのまま

徒歩の人は歩道ではなく、道路を歩行している状態なので、車どおりが多いと結構危ない。
私も手伝い歩道に細い通り道を作った。

そうして戻ろうとすると、アパート前も綺麗に雪かきが終わっている。
しかも物置の前にもきちんと道がつけてあり、もちろん私の部屋の物置も除雪が済んでいてすくにでも開けれる状態
普段ご近所付き合いもしていないのでこれにはビックリしてしまった。

なかなか出来ることではないよね。

ご主人にお礼を言ったら
「体力が有り余っているからいいんだ」とおっしゃっていたけれど、やはり日頃からそういう教育をされているんだろうなぁと感心してしまった。

自分だけ良ければ問題ない

そういう風潮が強い中でしっかりとこうした子育てし、それまっすぐに子も受け止めている親子関係に感動してしまった。

親の背中をみて子は育つという。

ウチの父だって背中を見せてくれた

だけど・・・・ウチは違った。

だからこそ余計に悔しいし、切ない。
他人だったら気にしないことでも
血縁があるからこその葛藤。

やっぱりどんなに親が立派な行動で示しても、子がそれに対して何も思わなかったら何もならない。

親の思いがしっかり子に伝わる親子と
空回りしてしまう親子

何故こうなってしまうんだろうね。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
こちらこそお返事ありがとうございます!      資格は必要ないようです。高齢者とヤンキーの多い町ですから持ってる方は少ないでしょうね。
         
 身内だからこその葛藤、複雑な感情がありますよね。姉弟でも、独立した人格を持つ弟さんを変えることはできないですものねぇ。でも、しま子さんはお父様の思い、生き様をしっかりと受け継いでいるのですね。                                   
2018/02/21(Wed) 16:07 | URL  | デコポン #-[ 編集]
デコポンさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。

うちの田舎もそうですよ~
年寄ばっかりです。あっでもヤンキーはそんなにいなさそう
若者がいないから
だって小学校1学年1クラス(笑)

そうですね、兄弟って他人と同じようなものですよね。
ある程度の大人になったら性格や内にもっているものは変わらないのだろうし
変えようとすれば衝突が起きるだけですものね。

なんかそんな事を理解するまでこんな年になりましたわ
2018/02/21(Wed) 20:12 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック