FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年02月18日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク


インフルで処方箋を受けたときの事

イナビルを調剤薬局で吸って、さぁお会計と思ったら領収証の名前が違うじゃないですか

正確には名前の漢字が違っていた。
例えば「伊東」が「伊藤」のような、そんな変換間違いだけれど、私の名前は結構こういう事が多い。
慣れっこになってはいるものの、それをスルーしていると意外と後々面倒になることもある。

薬局で間違いを指摘すると、もう一度保険証の提示を求められた。

間違いを確認され、そして処方箋を確認すると処方箋はおろか、病院からの領収証、診察券全てが誤字となっている。
調剤薬局は保険証の名前ではなく病院からの処方箋に記載されている氏名をそのまま入力したよう。

調剤薬局も保険適用なので、当然氏名が違うと社会保険事務所へ請求するときに問題が起きる。
当然、それは診察した病院も同じこと

私は病院へ戻る羽目となった。

病院でそのことを伝えると、またもや保険証の再確認と、もろもろの再発行でやや暫くまたされ後病院の受付から「調剤薬局から正しい表記の処方箋が必要と言われましたので持っていってください」と言われ、言われるがまま、またもや調剤薬局へ処方箋を持っていったのだけど、調剤薬局り受付の人に「わざわざすみません」と言われ、ふと気がついた。

これって私が持ってこなくちゃいけないものなの???

調剤薬局側のデーターの修正も済んで薬も貰って、会計も済んで個人的にすることは無いはず。
後は事務的なことなんだから、間違った病院側が調剤薬局へ届けるものなんじゃないかなーと

しかもインフルで前日39℃近くまで発熱してフラッフラの病人に自分たちの間違いの訂正のために使いっ走りをさせるなんてどうなのさ!!って思ったのだけれど、それを現す気力も無い。

まぁ近いからいいけど・・・。

こういう場合、他の人なら文句を言うのかしら??

こういう出来事に遭遇すると、気づかない自分が鈍いのか、それともこういう事で心の中で文句を言う自分の心が狭いのか、その後でまぁいいかで済ます自分が怒りの沸点が低いのか判らなくなるね。

それにしても、病院でも調剤薬局でも保険証を出しているのに、どちらも氏名の確認すらされていないんじゃ出す意味無いよねぇ・・・。

普通ならどこかで気づくはずだけどね。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック