FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年10月10日 (木) | 編集 |


プレゼントをするのは好きだけれど、色々考えすぎて悩んでしまうことも多い。

優柔不断も相まって、ちょっとしたものでも選ぶのに時間がかかる、かかる(苦笑)

選ぶときに考えてしまうのは

・相手が好きなもの(好きそうなもの)
・相手が使うもの(使いそうなもの)

を選ぶようにしている。

贈る物が食べ物に関しては、これに加えて

・自分が食べて美味しかったもの
・美味しそうなもの
・周りが美味しいと言っていたもの

という条件がプラスされる。

実際はコレばかりではなく、値段や(←これ切実・笑)、賞味期限、使用期限なども加わるが、大体はこんな感じ。

とりあえず日々の会話の中で相手の好みや嗜好を考えてプレゼントを選ぶ

プレゼントって貰えば嬉しいものだけれど、やっぱり自分の好みのもののほうが貰えばより嬉しいと思うから。

もともと基本はこんな感じだし、深く考えたことはなかったけれど、意識を強くするようになったのはある人と出会ってから・・・。


その人は「自分が好きだから」と言う基準が全てだった・・・。

買うものは私の好みなど関係なく、「自分が好き」という一点だけで選んでくれる。

悪い人じゃなかったのだろうけれど、大きな花のモチーフのついた年配者が着るようなカットソーや可愛いけれどチクチクして着られないネグリジェなど貰っても困る物もあったりで、貰ってからプレゼントって難しいなぁと思った記憶がある。

そうそう中古品というのもあった

自分の友達が履かなくなった靴とか(苦笑)

自分はその友達が好きかも知れないが、私にとっては赤の他人で知らない人なのだけど・・・(苦笑)


「趣味じゃない」「貰っても着ない」といえる立場でもなかったので、


「あまりそういうデザインは着たことがないの」


そう遠まわしに自分の好みではないことを伝えたこともあったけれど


その言葉さえ

「じゃ着てみたらいいよ、いつもと違うのを着るのもいいわよ」

と返されてしまい、通じなかった・・・。


きっとあの人も誰かに何かをあげるのが好きな人だったのだろう

今は会うことも無い人だけれど、その人にすれば可愛がってくれていたつもりだったのかな


そんな事もあり、プレゼントを選ぶ時は食べるもの、使って無くなるものを選ぶようにしているけれど、あの体験が蘇りほんと悩んでしまう


贈り物のみならず全てにおいてセンスの良い人っている。

ああいう発想が出来る人ってほんと羨ましい
色んなお店や品物、ブランドを知っている事もすごいなと思う

まぁこの辺りじゃそういう店もないけれどね。

でもいつ思ってしまう。

どうしたらああいうセンスを身に付けられるのだろうってね。


私自身、女性にはハンドクリームを送る事が多いけれど

自分は全くハンドクリームって使わない人なんだよねぇ・・・あはは






れんこさん、コメントありがとうございます
嬉しかったです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック