FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年04月04日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


50年生きていると色んな後悔はあるけれど、悔やんでも悔やみきれないのが父の事

気づくのが遅れ、重篤な状態にさせてしまったというのは勿論だけれど
元気だった時も親孝行と言うものはほとんどしてこなかったから。

友人知人の親も70代80代になっている。

親も弱ってくるし、そうすると何処へ行くのも子供の手が必要となる。

そこまで弱っていなくても若かりし頃は何もしなかったであろう人達も「親と一緒に○○へ行ってきた」とか「親が○○へ行きたいというから連れて行った」という事を当たり前に言うようになってくる。

私は父を何処かへ連れて行ったことはない。

元気だった父は自転車で何処へでも出掛けていたし、葬儀など必要であれば飛行機に乗って1人で本州にもいっていた。

何処かへ連れて行ってあげる・・・そんな事はもう少し後のことだと思っていた。

父と一緒に出かけたのは毎年の墓参りの時と弟が変な自己啓発にハマり、100万円の借金の申し込みをしてきた時に2人で飛行機に乗って東京へ行ったくらい。

毎年の墓参りは義務のようなもので空いた時間に何処を観光するという事はなかったし(父の故郷なので観光というものでもない)、東京へ行ったときも帰りの飛行機の時間までの間に東京タワーをみたくらいか。

旅行とか、純然たる楽しみのために親を何処かへ連れて行ってあげたことがないのだ。

友人知人が休暇を利用して、親と旅行へ行ってきたと聞くとなんて親不孝なんだろうって思ってしまう。

「子供とねー○○へ行ってきた」とニコヤカに話す人や
「娘と○○へ行って来る」と話す人をみると心が痛む

一度くらい何処かへ連れて行ってあげたかったな・・・

お金もチケットも手配して、お大尽さながらに楽しませてあげれば良かった。

いつかそのうちに・・・と思っていた機会は永遠に失われてしまった。

親孝行できる人が羨ましい・・・と思いつつ、親を早くに亡くした人にすれば生きているだけで羨ましいと思われるのだろうと自分を戒め、命ある事を感謝していたが、それすらも出来なくなってしまった。


平成から令和に変わり、10連休という人も多いだろう


もし何処かへ親子で旅行という人が居たら、億劫がらずに是非楽しんできてほしい・・・


「いつかそのうち」は必ずあるものではないのだからね。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック