FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年04月19日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


2ヶ月程前に病院から呼び出しを受けるほど体調を崩した父

それたら落ち着いたものの、認知症は激しく進んだしまったらしい。

今までも話しかけても判らずに無反応な事は多々あった。

寄せては返す波のように現実と虚の狭間を行きつ戻りつ進む認知症

時折、こちら側に戻ってきて、はっきりとした意思を表すこともあったのだけど、すっかりそれも無くなってしまった様。

今までなら調子の良いときは頷いたり、あるいは「判ったら手を握って」と問うとしっかり握り返してきたのに、私が握った手は力無くそのまま置かれている。

正直、ちょっとの反応にさえ喜びを感じていた身としてはやるせないけれど、仕方が無い。

何かで見知ったのだけど、人間の五感で最後まで活きているのは聴覚だという。

例え寝たきりで、言葉がしゃべられない人でも耳だけはしっかりと聞こえている場合が多いと言う。

話しかけても無反応だけれど、そんな事を思い出し、他の入居者に迷惑にならないように小さい音にして耳元にスマホを置き、音楽を聞かせている

せっかくなら父が好きだった曲・・・と思ったけれど、考えてみても父の好きな曲がわからない

家に居たときはタバコを吸いながら野球中継のTVとラジオのW使いで楽しんでいたが、音楽を聞いていたという記憶も無い

車の運転もしなかった人なのでカーラジオで何かを楽しんでいたという事もない

父の好きなこと、好きな歌、好きな歌手

それらを全く知らないということに愕然とした。

おひとり様で夜の街へ飲みにいくことはしょっちゅうだったので、その当時は気にも止めていなかったけれど、元気な頃はスナックで何か歌うようなことはあったのだろうか・・・

とりあえずスナックで定番ともいえる石原裕次郎の曲などを聞かせているが反応はイマイチ

昔、会社の人に連れられて、スナックへ行けば父のことを知っているママさんに「あら~お父さんとそっくりだね」と言われたことはあったのに、その時に父のことを何か聞けばよかった・・・そう後悔しても遅いこと

コミュ症ゆえの話題の作り方を知らない自分に自己嫌悪している。

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
父が歳とってから私がうまれたので、もしかすると
父としま子さんのお父様と一緒の世代かもしれません。

最近よく父に昔の音楽をたのまれす。
同じくスナックに行き夜の街が好きなのですが、
フランク永井とか松尾和子とかが好きですよ。
 
1965年くらいはいい歌ばかりで、私も30代だけど
好きな歌がたくさんあります。
しま子さんも聞いてていい曲があればお父様に聞かせてあげるのもいいかもしれません。
私のお気に入りの曲だよ~って話かけて聞かせてみるとか。
少しでも反応があれば嬉しいですね。
2018/04/19(Thu) 23:40 | URL  | 世代ちがうかな? #-[ 編集]
こんばんは、コメントありがとうございます。

コメントを戴いて、そうか、そういうのもあったよなぁと
フランク永井さんの「有楽町で会いましょう」やその「東京ナイトクラブ」など聞かせてみました。
低音できれいな歌声ですよね。
自殺未遂されたのには驚きましたけれど
あとはロス・プリモスの「ラブユー東京」など数曲
ムード歌謡はゆっくり目なので耳馴染みがいいですよね

私もリアルで聞いた世代でないので、父が聞いていたか判りませんが
知らない曲ではないはずなので、教えていただいて助かりました^^

2018/04/20(Fri) 20:14 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック