FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年07月30日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク


いつも温かいコメントありがとうございます。

たった一人の肉親を最近亡くされた方からコメントを戴きました。
お辛そうな気持ちが痛いほど伝わってきました。

反面、「私の父はまだ命がある」んだと
まだ体温が感じられるんだと
それだけで、まだ可能性もあることに気が付きました。

ありがとうございます。

また負担では?と御心配を戴きましたが、全然そんな事はないのです。

ほんとうにこうやってコメントを戴ける事は嬉しいので
(普段会話することも少ないので・笑)
お返事は出来ませんが、お気兼ねなく^^


話は自分の事に変わるのだけど

ここ数年であちこち体にガタが来た。
健康診断も要精密検査が年々増えていく
自覚症状は少ない方だけれど老化をひしひしと感じるというか

廻りも「私も調子が悪い、更年期だから・・・」というし

具合が悪いのも年齢のせい

そういう年だから仕方がない

婦人科は元々持病を持っているのだけれど、

「痛いだけで死なない病気」

と思っていたし、

貴重な土曜日は歯医者や実家の手入れなどに使いたかったし、なんとなく行きそびれていたんだけれど

痛いのが当たり前

鎮痛剤が効いていれば普通に生活できているんだし

そう思って過ごしていたんだけれど

TVで猛暑の為に熱中症で何人も亡くなったというニュースを見ながらストーブを点けている自分にいくら北海道とはいえ違和感を覚えた。

全て「更年期」のせいだと思っていたんだけれど

ふと鎮痛剤って解熱剤でもあるんだよなぁと

ここ数年で冷え性がすごく進み

日中はそうでもないけれど、日が陰ってから7月でもストーブを付けることが多々あった。

冷えるのでシャワーが使えず、夏でも湯舟を使用

それと同時にすごく太りやすくもなっていた。

生理痛で1ヶ月のうち2週間もロキソニンを飲んでいれば、解熱剤が常に体内にあるようなもの。
これでは体が冷えていない訳がないんじゃないかと

っていうか、2週間もの間ロキソニンを飲まなきゃいけない生理痛があること自体、すでに異常(苦笑)

当たり前なのに

痛いのが当たり前すぎて気づいていなかった。

無意識であの頃の痛みより全然マシ

そう思って、深く考えていなかった。

痛いこと自体、当たり前じゃないのにね。

感覚の麻痺って怖いよね。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック