FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年07月31日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク


私が患っている婦人科疾患は「子宮腺筋症」という病気
正確には肛門痛もあったり、チョコレート嚢胞もあるので子宮内膜症と子宮腺筋症を併せ持っている形なのだけど、この腺筋症というのが結構厄介。

月経痛が代表的な症状の内膜症と、子宮が大きくなったり出血量が増える筋腫の症状を併せ持つ疾患なのだけど、子宮が固くなるというどちらにもない症状もあり、子宮収縮が強くなるせいか生理痛が最も強いと言われている。

この腺筋症の痛みに耐えきれず、出産をもう望まない人は子宮の摘出手術を選択する人もいるくらい。

よく生理痛が酷くて寝込んだという人がいるけれど、

私からすると痛くても寝れるのなら未だマシで

実際は痛くて痛くてじっとしていられない

横になっても痛さのあまり、布団の上でのたうち回っている状態

勿論、鎮痛剤なんて飲んででも効いちゃいない

今でこそ、歌手の大黒摩季さんとか、平松愛理さんとか同じ病気を公表して認知される病気になったけれど、(平松さんはその後に子宮摘出)、私が発症した20年ほど前は子宮内膜症、子宮筋腫という病気は知られていても「子宮腺筋症」という病気自体あまり知られていなく、治療法も病院によって格差があった。

医師によっては「筋腫にはピルは禁忌だから」と腺筋症でもピルの処方すらされない場合もあったくらい。

ちょうどインターネットをし始めた時期だったので、いろいろ調べまくった記憶がある。

腺筋症自体にも瘤状腺筋症とびまん性腺筋症があって、瘤状であれば筋腫のように摘出という事も出来るけれど、びまん性の場合は筋層に散らばるように広がっているのでその部分を削り取るような摘出は難しく、ひどい場合はやはり子宮全摘出となる。

私の場合はこの瘤状とびまん性の両方の腺筋症なので、全摘出以外だと薬物治療が中心。

以前は筋腫手術に使われている子宮動脈塞栓術などもあるが、当時は何せ腺筋症には保険適用外の手術だったし、びまん性の腺筋症にはそれほど効果がなかったようで、今はその治療は限局されるらしい。

私の場合、注射してもすぐリバウンドしてしまったが、その後低用量ピルが上手く合い、普通の日常生活を送れるようになったけれど、数年放置してしまったため、悪化。

痛みと不調にようやく重い腰をあげ、受診することとなった。

大腸検査をするにも腸を押しつぶし、カメラを通しにくくするほど、肥大化した子宮は腹部を押すだけでその固さがわかるようで、腫瘍マーカーが桁が違うほど超えているのもあり、今回有無を言わさず薬物治療をすることになってしまった。

腺筋症だと腫瘍マーカーも高値が出やすいのだけど、それを考慮しても私は高いらしく、注射をして、この桁違いの腫瘍マーカーがどれだけ下がるか確かめるとのこと。

下がらない場合は腺筋症以外の可能性がある。

下がらない場合は卵巣がんとかかな?
子宮がん検診はしていたので「痛くても死なない病気」だと思っていたが、そうじゃない可能性があるということか。


「(49だから)そろそろ上がらないですか?」と聞いてみたが

「卵巣が元気なので、まだ生理は続くし、生理が続く以上悪化するだけですよ」とのこと

本当は生理が始まったと同時に注射を打つものなんだけれど、以前、生理が始まった時、ちょうど盆休に当たってしまい、そのまま行かずに今回の再診となった経緯もあり(以前体験した副作用が怖くて二の足を踏んだというのもある・笑)

医師から「もう今日打っちゃいましょう」

と、トンズラ防止をされたww

そして「4週間ごとに来てくださいね」

念を押される。

医師からは「40歳でホルモン量は半分になりますから副作用そんなに出ないと思いますよ」とも言われた。

確かに以前は生殖年齢バリバリの時に注射をしたわけで、副作用が強かった。

今回は今のところまったく副作用は無し

いいんだか、悪いんだか・・・。




-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック