FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年09月02日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク


土曜日、婦人科へ行き、生理を止める注射を受けた後、実家へ行く。

いつも車中でコンビニのホットコーヒーを飲みながら行くのだけど、寄りやすいコンビニ(コーヒーはセブンと決めている)が無かったので、実家の町へついてからコンビニでコーヒーを買った。

ドリップしていると

「あれ~どうしたの?なんでこっちにいるの」と声をかけられ、振り向くと20年一緒に働いた同僚(と奥さん)

奥さんに「ほらーしまちゃんだよ」と教えている。

この同僚も色々あったが、数少ない再就職(良かった組)に入る人。
異動もあるし、大変そうだけど、今の職場へ落ち着いた。

そして元カレの友達でもある(笑)

社内恋愛(正確には会社が無くなってから付き合ったけど)だと共通した知っている人もいるから、どうしても互いの情報が別れた後も相手に流れる。

別れてもう何年も経つのにね。

「俺もさー○○(元カレ)と5年くらい会ってないんだ。でも△△はとは良く飲んでるらしい。今度皆で飲もうよ」と言われて、それが社交辞令でそんな日は来ないと判りつつ、「そうだね、私は気にしてないし声かけてね」と答えた。

と言って走り去るぴかぴかの新車を見送った。
車種からいってもそこそこのお給料は戴いているのだろう。

奥さんも変わらず可愛くて、幸せそうだ。

子供たちも二人とも社会人になったはず・・・。

私には手に入れなかった幸せがそこにある。


産むことはもうないのに、

使う事はもうないのに

未だに子宮の治療をしている自分

こんなポンコツ子宮いらないのになんで治療しているの


なんだか変な矛盾を感じてしまい、ブルーな気持ちになってしまった。


いっそのこと取ってしまおうか・・・・

そう思ってはみるけれど、取れば取ったで骨粗しょう症とか違う問題も出てくるし
なにより手術ともなれば保証人の問題も出てくるしね。


今はQOLを保つためにはこれは仕方がないことなんだ


普通に働いて

普通に暮らす


異常だったロキソニン依存の生活から脱却するためにしていることなんだと

当たり前の事を自分に言い聞かせた。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック