FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年09月01日 (土) | 編集 |
スポンサードリンク


父は倒れた当初から重篤だった。

人間の生命維持に大切な脳幹をダメージ受けていたし、当初からどれだけリハビリをしたとしても自分で車椅子に乗れるほどの回復はしないと言われていた。

倒れた当初は痰も真っ赤に染まり、発熱は続き、1年いや1ヶ月持つのだろうかと考えたものだった。

会社が終わって見舞いに行き、帰宅してから深夜まで仮通夜をすることを想定して家の片付けを1人で行った。

1週間で3キロ痩せた


その時思っていたのが

「このまま逝くには早すぎる、神様、お願い、あと10年持たせて」

叶わないかと思いつつ、そんな事を願っていた。


父の容態が悪くなるたびにその当時のことが思い出される。

その10年が今年の9月

神様から頂いた期限の終わりなのか・・・

でもまた懲りずに思う


せめて80歳まで、

何度もお願いして申し訳ないけれど

どうかお願いしますと



-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック