FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年01月24日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


母方の親類とは絶縁だか、父方だけで見ると寿命が長かったのは祖父くらいか

祖父は88で無くなったけれど、子供でそれを超えられそうなのは87の伯母くらい

父の兄に当たる伯父も70代で亡くなった。
そして父も77才でこの世を去った。

祖父、父と2代続けて脳梗塞家系
伯父たちはガンで亡くなった。

寿命が家系からくるものだとしたら私もそんなには長くは生きられないだろう

なんていうか、父と私、外見もそっくりだとよく言われるが体質、性格も似ている。

気難しいし、何より痛みに強く、ギリギリまで病院にかからない。

我慢して盲腸を破裂させた父のことを「我慢強いにもほどがある」と思ったことがあったけれど、私も結局は酷い生理痛を我慢して医者に怒られている。

年と共に眠りも浅くなったし、夜中のトイレの回数もぐんと増えたところも全く同じ

父もよく不眠で悩んでいた。

交代勤務の弊害かと思っていたが、体質もきっとあるのだと思う。


深夜1時に寝てもトイレに3回も起きていれば殆ど熟睡していないのと同じ

睡眠の質が悪い人は動脈硬化などになりやすいと知って「やっぱり・・・」と思った記憶がある


末っ子なのに、責任感が強く、遠方の親には仕送りを欠かさず

後妻だった祖母の介護と亡くなった後に残った家の後片付けをしたのも全て父


祖母とは血が繋がらないから道内各地に住む祖母の兄弟姉妹、あるいは甥姪から書類を集めなければならなかった。

そうやって全てを背負い込み、終わった途端に倒れたのだけれど

私も背負い込む性格は父から受け継いだだろうな・・・


父が倒れた年まで自分は生きていけるのか

まして私には子はいない


50を目前にして、自分の老後を色々と考えるようになった


けど解決策はないのだし、少しでも自分で動けるようにした後はなるようにしかならないのだよね。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック