FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年09月14日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク


コミュ症で人付き合いが下手な私はSNSというものが得意ではない。

頭が老化してきたオバハンとあって覚えるのも一苦労だし、何より人と繋がっているとか、お友達がたくさんいるリア充と違い、ひねくれもののおひとり様ゆえ、他人の幸せ自慢に似たものに対し相槌を打ったりするのが物凄く苦痛なのだ。

だからツイッターも懸賞応募の時にしか使ったことが無く、フェイスブックもしていない

情報はもっぱらPCを介してのネット
HPやらネットニュースでしか得てきていなかった。

ツイッターもフェイスブックも私には必要の無いもの

そう思っていた。

だけど今回のこうした大規模災害で考え方を改めないとと思っている。


話を聞くと、

近所のガソリンスタンドの何処だけは開いているとか

あるいは何処の店だとまだ商品があるとか

何処の銭湯だけは営業しているとか

そんな情報は皆そうしたツイッターやフェイスブックだけにしか載っていないからだ。


時代はどんどんと情報社会へとなっている。


極端な言い方をすれば情報を得ているものだけが生き残り

情報弱者は何も知らず耐え忍ぶのみ


誰にも頼ることが出来ない以上、そうした情報を得る努力は惜しんではいけないのだ

だって私には誰も教えてはくれないのだから


解からないながらもフェイスブックに登録してみた。

使えこなせるにはまだ先は長いけれど、ちょっとだけ世の中と繋がっている気がした



-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック