FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2018年11月25日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク


長らく、更新が途絶えましたが、その間も応援していただきありがとうございました。

更新していないにも係わらず、毎日、拍手が押されているのに気づいたときはとても嬉しかったです。



表題の通り、父を無事に看取る事が出来ました。

そして姉弟で協力し合い、送り出すことが出来ました。


ハラハラドキドキ

気を緩めれば泣きたくなる


そんな毎日だったし、

少しでも長く生きていて欲しいと思っていたけれど

後から気がつけば父はその日を選んで旅立ったような、

そんな命日となりました。


10年前

私は力のある神様がいると聞き、父の病気平癒の為に本州へ飛んでいました。

会社で定時まで仕事をしてから夜に空港へ走り、

翌日にお参りをしに行っていたのです。


その日からきっかり10年


父は旅立ちました。


たぶんこの10年は貰った10年


地震を機に連絡が取れるようになった弟のことも父の計らいだったのかもしれません。


もう10年だし、そろそろいいだろう

お前たちが仲違いしていると、安心して逝けやしない・・・。


そう思ったのかも


人は偶然と言うかもしれない


だけど、私と弟は偶然でないことを知っています。


お父さん、ありがとね・・・。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック