FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年02月13日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク


年金事務所から父の未支給年金決定通知書が届いていた。
未支給年金についてはこちら

11月に亡くなったので、10月11月分の年金が未支給となり、それが3ヶ月経ってようやく振り込まれるとのこと。

最初、別居だったし「同一生計」ではないので支給されないかと思っていたのだけれど、役場によると別居でも血縁であり別途用紙を出して、亡くなった人の面倒をみていたと証明すれば支給されるとのこと。

話を聞くと、直接の介護ではなく入院でも、定期的に通い消耗品などを補充などしていたでもよく、私も該当するようなので申請をしていたのだ。

父が一生懸命働いて納めた証の年金もこれが最後

相続用の通帳に入れて、大切にしなくっちゃ・・・・と思っていたら、そのハガキの最後に

「受け取られた方の一時所得として、所得税、個人住民税がかかります」とある


え・・・


これって相続じゃないの???

私の少ない年収にこれが一所得として加算されたら、その分、税金があがるの?

それに給与と別だから確定申告にもいかなきゃならないの??


これが相続扱いなら我が家の相続財産なら余裕で非課税なのに

私のなけなしの給料から更に引かないでよ。

それでなくても扶養者のいない独身者への課税はえげつないのに


と思ったけれど、さすがネットの時代

ちょこっと調べたら出てきました。

未支給金額(他の一時所得も含む)が50万までなら確定申告も不要、税金もかからないらしい・・・


ほっとした。


それにしても50万も年金もらっている人いるんだ・・・

月当たり25万か

私の今の月給より多いじゃん


月25万の年金を貰っているって現役時代にどれだけの年収だったんだろう・・・。

凄いよね

貧乏生活が身に沁みついている身としては想像つかないわ



-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック