FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年03月06日 (水) | 編集 |
一回りほど年下の方からコメントを戴きました。

なんでもこのブログをはじめから読んでくださったそうで・・・

たわいのない話から、愚痴まで5年間分を読まれたとは・・・

なんとも恐縮するやら恥ずかしいやら

こんなブログからでもやる気をもらっていると言ってくだって、感謝してます。



スポンサードリンク


ひっそりと誕生日を迎えてました(笑)

とうとう私も50才

いつもは私が1つ年を取ると、追いかけっこのようにその1週間後に父も1つ年を取り、28歳の年の差は開くことは無かったのだけど、今年初めて私だけ年を取った。

父は77のまま

これからはこうして1才ずつ、年の差が縮まっていくんだなぁと思ったら、何だか悲しいような寂しいような

父がこの世にいないことを改めて感じて、ちょっと気分の落ち込みを感じてしまい、何もする気が起きないというか、ブログを書くということも出来なかった。


コメントで私のブログをはじめから読んでくださったとのお言葉をもらい、私もちょっと読み返してみた。

ブログを始めたのは5年前

私がギリギリ44歳の1月

その時にはブラック企業で勤めていて、元カレと別れたばかりで先の見えない真っ暗な閉塞感満載だった。

50になった時を想像できない

そう書いてあるくらい


まさかそれからたった5年後の50には職も変わり、住まいも移り、父を看取ったこんな生活をしているとは思わなかっただろうなぁ


もしてして独りで生活が出来るようになったのを見て、父も安心したのかな

そんな風にこの年間を振り返った。


私こそ、コメントをきっかけに5年前の自分と向き合う事が出来、1週間ぶりに書くことが出来ましたよ、ありがとうね。


あっそうそう、50になったのだし、「40代おひとり様」のカテゴリから引っ越しも考えなきゃね・・・。


-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック