FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年04月23日 (火) | 編集 |
半漁人さん、たーこいずさん、moko さん、コメントありがとうございます。

個別でのレスでなくてごめんなさい。

お辛い中、掛けてくれた言葉が身に沁みます。
温かい言葉ありがとうございました。


-------------------------------------------------

スポンサードリンク



貧乏体質なのでカード払いに出来るものや金額が大きいものは出来るだけクレジットカードを使っている。

主だったものは電気代、携帯代、ネット代、美容院代、車検代、タイヤ代、ETCなど

あとはネットで買った本など、ちょこちょこと。


父が存命だった時は入院費も私のカードで払っていた。

障害申請をするまではほぼ毎月10万円

障害申請が通ってからも保険外となる食費や紙おむつ、病衣などの療養費を合わせるとだいたい5万円

その他もろもろや自分の分を含めると私のクレジットカードからは毎月10万ほど引かれるのが常だった。

自分の給料と父の年金を毎月引き落とし口座に入れて、やりくり

車検なんかがあると20万くらい引き落とされるから、残高チェックは欠かせない


そうしてポイントを貯めて、ギフトカードに替えて、食費の足しにしていたのだけれど

今月はクレジット引き落としが2万円だったのでびっくりしてしまった・・・。


自分の分だけを自分が払う

当たり前の事なんだけれど、金額の少なさに驚くと同時に、父が頑張って働いてくれたお陰で、途中世帯分離などはしたものの10年の長い闘病中、借金などせずに過ごさせてもらった事を感じた。

伯母からはお金の心配をされたが、金銭面では迷惑をかけることもなかった。


世の中には低年金故、親の介護にかかるお金を殆ど子供が負担している人もいる。

お金と親

どちらか大切かと言われれば、それは決まっているようなものだけど、だからといって毎日お金の心配をし続けるというのも大変なこと。

それらがなかっただけ私は恵まれていた。


あっという間の10年間だった

それでもね、少しでも長く生きていてほしかったよ。


少なくなった引き落としの明細を見るたび、感謝と寂しさが交互にやってきて、ちょっとだけ目頭が熱くなる。



-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック