FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年05月31日 (金) | 編集 |


父が亡くなって、半年が経った。


存命だった時は父が亡くなったら自分の精神状態がどうなるか想像つかなかった。

それなのに現実は淡々と日々は過ぎ、普通に過ごしているこの不思議。


もう半年、顔を見ていないんだよ

今までだったら考えられないこと。


毎日お線香はあげているものの、月命日を失念して、後から気づくことも多々。

ご飯を炊いたのにあげるのを忘れて全部冷凍してしまったこともある。

なんて薄情な娘なんだろう


手続き等は殆ど済んだ。

私が通帳を管理していたので、引き落としをみて生前から解約できるものは既に解約していた。

それに火災保険などは私名義へと変更していたので亡くなった時に引き落とされていたのは健康保険料と水道光熱費と固定電話、税金くらいだった。


携帯電話も持っていない

クレジットカードも持っていない

もちろんパソコンなんて触ったこともなかった父


なかなか解約できないと悪名高いNHKの受信料すら障害者手帳のお陰で免除だったので、請求は無い


アナログな人だったおかげで手続き等は意外と簡単に終わった。


もし自分が亡くなったら?


クレジットカードは数枚

PayにEdy、nanacoにWAON

そしてそれらの口座引き落とし

スマホにネット

PCには色んなサイトのアカウント

NHKの受信料

車の廃車手続きに保険


解約したり、停止手続きが大変そう


終活をはじめる時にきたら、これらも整理しておかないと思うけれど、現時点での生活では必要なもので便利なもの


終活っていつからはじめるものなのだろうね。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック