FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年05月07日 (火) | 編集 |
GW前半は全く何もしなかったけれど、太陽がさんさんと春の日差しを降り注ぎ、天気予報を見ると日中の気温も18℃くらいになるのを見て重い腰をあげ、ようやく実家へ行く

水仙が満開で、秋に植えたチューリップが花を咲かせようとしていた
20190506155949d3d.jpeg

やっぱり花を見る心が和む
 
1年中、花屋には色とりどりの花が並べられているのに、それらをみてもさほど心は揺さぶられない。

風雨に耐えて咲く地に咲く花
あるいは木に咲く花

誰に促されたわけでも無いのに、決まった時期になるとこうやって咲く


自然の中で咲く花は感慨深い


さて、私も動かないと・・・


少しだけ肥料を入れ、
畑を起こし、雑草をとり
畝をつくり、種もまいた。
あとは野菜の苗を植えるばかり

苔に侵食されたところも剥いで、切込み砂利を2袋敷いた。

腰も痛くなるので1日おきに作業をする。


家の持ち主の弟は相続が済んでからは無しのつぶて

GWも来る気はないようだったし、

家の管理費用としてキャッシュカードを送るといったきり、それも無い。


たぶんこの先、家にかかるこまごまとした費用は私が払う事になるのだろうな

実家は私のものではないけれど、何もせずいて荒れ果ててしまうのはやっぱり寂しいから、仕方がない


チューリップは春に植えても花は咲かせない

冬の寒さにあてて、それから春の気温を感じさせないとダメなのだ。


人も色んな事を経験することによって、幸せを感じることが出来るのだろうか・・・


私が体験してきたこと


それらもいつか花と変わる事があるのかな






にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック