FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年07月20日 (土) | 編集 |


「他人への親切を安売りしてしまうと、感謝されないどころか便利な人扱いされてなめられる、

なんて悲しいですが、逆の立場からみるとそう思うのも判らなくもない」


というコメントを頂いて、ちょっとびっくり


私は親切には感謝をしつつ、なるべく自分で出来ることは自分でしよう

他人の親切には感謝はしても当たり前と思わない


という考えが、人として当たり前だと思っていたので、

私には全くわからなかったのですよ!!

まして他人の親切を自分から当たり前のように要求するなんて

ずーずーしいと思うので自分は出来ないし


今の世の中はこういった考えの方や解る人もやはりいるんだなーと

自分の認識の甘さを感じてしまった。


まぁ仮に「便利な人」と思ってしまったところで、

それを実際に実行してその人を都合よく使ってしまうか、

自制するかは本人のモラルとか人間性だと思うのね。


私にはそんな事できないから解らんのですよ


そのコメントを下さった方が、あくまで「その気持ちが判る」だけで、

自身に親切にしてくれた人を便利な人扱いしたり、なめたりする人ではないと願うばかりだけれど

あ、もしかしたら、その方が私に対してそう感じてしまっただけかもしれない・・のかな。


でも介護なんかもそうだよね。


家族間でもお嫁さんやヘルパーさんが介護や介助をしていると

「私は年寄りなんだから助けてもらって当然」と言う態度で、

まったく動かない、口だけで命令してやらせるのが当たり前のお年寄りもいる。


反面、「ここは自分で出来るから出来ないところだけお願い」

そういうスタンスでヘルパーさんや家族の手助けを求める人がいる


どちらかの人間関係が上手くいくかと思えば、やはり後者だと思うけれど

悲しいかな、今の世の中は自分中心の人が多いのが現実なのかもしれない。


それだけ他人を思いやる余力がないのかもしれない。

私もそうだけど。


家族だから、友人だからしてもらって当然という考えは違うと思うし

お金を払えば何でもしてもらえると思うのも変な事

対価を払った契約だって「なんでもあり」じゃないんだもの


「それっておかしいよね」


そう感じた時にその場ですぐにやんわりと拒否の言葉をすぐ出せれば良いのだけど


私のように後から「あれ?」って感じてしまう回転の鈍いオツムを持っている人にはなかなか生き難い世の中ですわ





にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック