FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年08月19日 (月) | 編集 |


今年のお盆は父の新盆

家かアパートに仏壇でもあれば灯篭を用意して飾りつけをするのだろうが

整理タンスの上に遺影と香呂と花を飾っている簡易なもの

納骨堂が父の仏壇代り


なので盂蘭盆会のお金を納めがてら12日に納骨堂にお参りし、お経をあげて貰った

檀家になるという事はお金がかかることだけど

墓じまいとか考えなくていいし、定期的に清掃が入る納骨堂はありがたい


今年の11月は1周忌を迎えるけれど

申し訳ないが、法要などはせず、こうしてお経をあげてもらうだけにしようかと思っている。


親類もみな高齢

近ければいいけれど、はるばると来てもらうのは申し訳ない

初盆の見舞いも従兄弟がお菓子を送ってくれたもののお参りはない


距離を考えると

「冷たい」とは思えない

「仕方がない」

そう思える


お寺は移ったものの、諸事情でお墓はまだそのままあるので、お墓参りがてら、葬儀と初盆見舞いのお礼も言いに従兄弟宅へ行った。

その時に一周忌はみな高齢だし、遠方なので姉弟2人だけで行う予定だと伝えると

ほっとした雰囲気が伝わってきて

あぁやはりな・・・と思わずにはいられなかった。


生前の父はフットワークが軽く、親類の葬儀や法要は欠席することはなかった。

葬儀の時に遠方から香典を戴いたのも

父がその家の葬儀にはるばる飛行機に乗って出席していたからだ。


なのに父本人の時はこんなんでごめんね・・・・

そう思ってしまうけれど

仕方がないんだ、皆、年を取ったんだもの

80過ぎの人たちが葬儀に来てくれただけ感謝だよね






にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック