FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年10月18日 (金) | 編集 |


毎日のように放送されている台風による被害

中でも衝撃だったのは、あっという間に押し寄せる水の勢い


堤防の決壊によるものだろうか

1階部分は完全に水没し、家を押し流さんばかりの迫る濁流の中、

救助されるまでは2階に居たとはいえ生きた心地がしなかったであろう。


私の住んでいた地域も昔はよく冠水した。

深いところではガードレールが水没し、道路だったところをモーターボートが走った。


幸い、住まいは基礎を少し高くしていたおかげで床下浸水だけで済んだが

家の周り一帯が冠水し、自宅へ入るのに消防署員に背負われて入ったことも、

玄関のドアから泥水がちゃぷちゃぷと入ってきたこともある。

雨が止み、増水が止まるとあちらこちらから人が出てきて、

ひざ下まで水に浸かりながら辺りの様子を見ていた。

学校はもちろん休校なので子供も面白半分、水の中を歩く始末


水が引くとあたり一面泥土だらけで、時折水に浸かって動かくなった車が放置され

白い石灰のようなものがあちらこちらに撒かれていた。

今、考えると汲み取りが多かった地域だったから消毒だったのかな

無知とはいえ、雑菌だらけの水の中をよく素足で歩いたものだ



今考えると、防災意識が低いとしか思えないけれど(汗)


そこまで冠水したら避難だよね、今なら。


水に勢いがなかったのは幸いだっただけ


今考えると、私が経験した冠水は

あくまで「越水」であり、オーバーフローのようなもの

じわじわと水位が上がるので恐怖というものはあまりなかったように思う。


今回の堤防の決壊による冠水は全く別物


あの勢いと速さは津波に近い

多くの人が逃げ遅れ、命を落とした。


過去に例をみない降水量が原因なのはわかっている

それと多くの人が逃げ遅れたのは別のこと


南の人が言っていたけれど

「地震とは違い、台風は予測ができ、対策がとれる」


その通りだと思った。


自然に対して人間は無力

だからこその言葉



亡くなった人たちのためにも何故ここまで多くの人たちが命を落とすことになったか

改めて考え、そして解明していかなければならないのだろう


この週末、またしても降雨が予想されている。

さらなる被害が増えないように祈る事しかできない






にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック