FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年12月26日 (木) | 編集 |


人づきあいが下手で性格に難がある私は友人は殆どいない


何処にもいかず、誰ともしゃべっていない

そんなことがザラ

幸い職があるので平日は人と接する機会があるし、

たわいのない雑談もするので会話が全くないというのはないし


無職だった頃を考えれば人と接する機会はあるのに

それでも父が亡くなってからより孤独感が大きくなった。


だからと言って自分から誰かを誘おうとかあまり思えないのも現実


みんな家族がいるからね・・・。


会えば必然的に家族の話を聞くことになる。


ご主人の話

子供の話

孫の話

両親の話、

義父母の話・・・・等々


相手にとっては当たり前の日常の話だけど

家族がいない私はただ

「そうなんだー」と言って聞くだけで

愛想笑いをしながら何一つと自分には無いものだと思い知らされるだけ


相手がする家族の話に自分の孤独さを思い知らされるというか


独りでも楽しめることを見つけよう

独りでもたくましく生きていこう


そう思っていても

既婚者の発する


「一人で行こうと思えないし、行きたくない」

「強いよね~私には無理だわ」


なんて言葉にノックダウンされる。


これを乗り越えないと私は孤独なままなんだ


そう思ってはみるけれど

やっぱり笑って聞ける心の広さはなかったりする






にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック