FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年11月16日 (土) | 編集 |


弟は「すぼら」「無頓着」という言葉がぴったりの「全てにおいて気にしない人」

お金の使い方も同様でつい最近まで貯金など殆ど無かった人だ。


ワープアかと問われれば、そうではない

物価の高い東京で暮らしているとはいえ、少なくとも私よりはるかに多い所得はある。


だけどTVが無くなってもNHKの受信料を払い続けたり

自分の趣味や欲しいと思ったものは我慢せずに買ってしまう。

子供の頃からあればあるだけ使ってしまう人


ちょっと気を付けてみていると

来るたびに違うバックを持ってきたり、

それまでしていなかったアップルウォッチに似た時計をしていたので

全く変わっていないのがよく判る。


社会人になって暫くすれば互いの給料などはぶっちゃけて話さないものだけど

あまりにお金がないので何に使っているか以前に聞いたことがある。


すると自爆営業ではないものの、仕事をするのに必要なモノで予算がないからと買ってもらえない道具や材料などを月に何万も自費で買っているらしい


「無いと不便」ではなく「無いと困る」

だから買うという


聞いたとき、

それは辞めたほうがいい

会社に都合よく使われるだけだ

と言ったのだけど


本人は

自分は会社で評価されている

だから職階もあがったのだ

と譲らない


仮に職階が上がって給料がいくばくか増えても、その分以上のお金や時間を会社に吸い取られているだけだと言っても伝わらない


私が思う仕事のできる人は

予算がつかずに困るなら、工夫し少ない中でやりくりするか、

あるいは相手とも交渉で足りない金額を引き出せる人で、

弟の行動は真逆のように感じてしまった。


これは言えば不機嫌になるんだろうな・・・と思いつつ、そういえばと思い出した。


なんてことはない


自分もブラック企業に居た時に会社で従業員が使うタオルを家に持ち帰って洗濯していたわ・・・

勿論、洗剤は私持ちだし、もともと残業代もつかないから全くの丸損


なんてこった


姉弟そろって「仕事の出来ない人」の行動じゃないか

なんだかんだ言っても似たもの姉弟ってことか


でも、せっかくお父さんが一生懸命貯めたお金をそういうことに使ってほしくないんだけれどね


大切なお金をきっちり折半で相続したことが果たして正しかったのかちょっと不安






にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック