FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年11月09日 (土) | 編集 |


姉弟2人きりだけれど、とりあえず無事に1周忌が済んだ。


今回つくづく感じたのだけれど

「人なんて変わろうと意識しなければ変わらない」ってこと


それも本人が意識し続けてちょっとずつ変わるもので

他人がどうのこうの行ったところで変わるはずは無い。


「温泉に行きたい」と言った弟は私が外で作業をしているのを見ていても

JRの時間ギリギリまで自宅の中でスマホで遊んでいた。


父が握り寿司がことのほか好物だったのでこの夜は回転寿司にしようかと思っていたのだけど

18時に帰ってくるといったのが20時過ぎるとメールが入り

都会とは違い20:30にオーダーストップになる田舎故、慌てて持ち帰り寿司を頼む羽目になる。


まぁ1日くらいゆっくりしたいだろうし

温泉に行きたいっていうくらいだからと黙っていた。


次の週からは雪が降る予報

暖かいのも今週までなので次の日もやることは沢山ある。


ダリアとグラジオラスの球根を掘り上げて影干しして

春用のフリージアを植えたり

物置の屋根を見ると赤錆が出て、腐食でまた穴が開きそうなので

ホームセンターに走り、トタン用のラッカースプレーを買って

スプレーだと刷毛塗に比べて薄いので、乾いたころを見計らって

2度3度と橋子を登り降りしながら重ね塗りをしたり

蔓延ったゼニゴケを剥がしたり

殆ど食べない長ネギを引っこ抜いたり

と一日中、外にでずっぱり


風邪もひいているので時折、鼻をかみに自宅へ入るけれど

だけどこの日も同様でタブレットで遊び、コンビニに買い食いに行き、食べたら昼寝・・・


ご近所さんも1周忌で弟が来ているのを知っているけれど

外で働くのは私だけで弟の姿を見ないので聞いてくる始末


庇うのも馬鹿らしいので「昼寝してます」と正直に言った。


すると先ほどコンビニの袋をぶら下げて、あちこち見渡しながら

のんびり歩いていたのは見ていたらしく、笑いながら

「忙しい東京にいる分、田舎に来るとのんびりになっちゃうのね」と

弟が何もしないというのはわかっているようだった。


だよなー


私は一日中外にいるのに弟はコンビニだけだもんな、外に出たの


毎回「○○して」と言わなければ判らない年でもなかろう

50なんだし


何をしていいのかわからないから

「何か手伝うことある?」

と聞けばいい話


たぶん「気づかない」

というより、

「やりたいようにやらせておけ」

という感じなんだろう

実際そういわれたこともあるしね。


実家は弟名義なんだけどね。

私の家じゃない


だから私も言わない

その代わりしない


その方が「こんなにしているのに」とか

「私任せでいつも何もしない」と怒らなくて済む


今までは空港へ送り迎えをしたり、ご近所さんや親戚には庇ってきたけれど

それももうしない


何もない実家で過ごしやすい様にとアパートから家電を運んだり、

ガスもその日のために通していたけれど

それもしない



車を出してもらうのを期待してか

「16時のJRに乗って帰る」

と言ってきたけれど


「私も手伝ってもらってないし、お互い思いやりがない同士なんだからいいよね」


と帰りも送らなかった。


思いやりとはお互いに相手を思いやる気持ちがあってこそ


当たり前に享受するのは違うものね。





アラフィフの派遣さんへ
同じような方が居てびっくりしました(笑)
弟も列車に乗り遅れたり、鍵を持たずに出かけるのが当たり前
なのにポジティブというか自己評価は高いんですよねー
不思議でしょうがないです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック