FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年11月22日 (金) | 編集 |


11月に入り、喪中はがきが続々と届く

以前は父の親戚や会社関係だった人の父母の喪中か

私の関係なら祖父母の喪中が多かった。


けれど、今年になって届いた喪中はがきはどれも私の同級生の父母の喪中はがき


そういう年齢になったんだ・・・・


そう実感するとともに、ハガキに記載されている逝去された方の年齢を見てしまう


みんな80代

同級生も中間子や末子だったりすれば、ご両親が30代頃の子でもおかしくはない


父は享年77だった・・・・

しかも67から寝たきりで

みんなよりずっとずっと若いのに定年後の自由な時間たった5年


父は脳梗塞の中でも重篤な脳幹梗塞だった。


脳幹にダメージを受けた場合、搬送される最中に亡くなる人も居ると慰められても


もっと早くに気づけばよかったと・・・

申し訳なくて泣けてきて

喪中ハガキを見るたびに落ち込んでしまう





にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック