FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2020年01月10日 (金) | 編集 |


父は最初から重篤だったので、在宅介護という選択肢は無かった。


仮にできたとしても果たしてそれを選んだかは判らない

するならば私が仕事を辞めるという選択肢しかなかったからだ。

親不孝だといわれても、親が亡くなった後に独りとなった自分の生活を考えると決断はできなかったと思う。


介護というのは終わりがない

終わるということはその方が亡くなられた時


いつその時がやってくるかわからない

自分のその後の人生を模索する時期も見えない

これって精神的に大変なこと


介護のために離職し、看取りを終えた後、再就職している方のブログを数件みているけれど

立派だなぁ、すごいなぁと思うと同時に

どの方も大変そうで私にはやっぱり真似できなかったろうなぁと思ってしまう。


周りでも高齢の親御さんが増えた。


在宅で一人で暮らしている人

デイサービスを利用している人

施設に入った人


それぞれの家庭の事情で違う。


今の時代、夫婦共働きなのが当たり前

そうすると一人で留守番させるより、日中だけでもデイサービスに通ってくれていると家族は安心するらしい。

デイサービスでお昼ごはんも入浴もさせてくれるし、家族にとっても負担軽減にもなるし


だけど、中には絶対そうした利用は嫌だという親御さんもいて・・・・


私もふと思った。

あのまま結婚していれば、義母も90

施設はおろか入院でさえいやがるあの義母だもの

介護は在宅で全部私だったんだろうなと


温泉旅館に泊まりに行ったって、他人と入浴するのが嫌だと温泉に入らないくらい人なので勿論デイに通ったって風呂なんて入ってくるはずは無い。

っていうか、すんなりデイサービスに通うとも思えないし(苦笑)

好き嫌いも多いのでデイで出されるご飯も食べられないだろうし


どうしているんだろう

母親大好き姉弟だったから自宅で面倒みているのかな

家事のできなかった元カレもご飯くらい炊けるようになったのかしら・・・

そう出来ているなら義母にとっては幸せなのだろうけれど


たまに思うけれど、赤の他人だし、関わりあいたくないので、そっとしている。





アラフィフの派遣さんへ
こちらこそ宜しくお願いします。教えてくださったところ、検索してみたんですが、
ご自身の本の紹介ばかりで具体的な活動が判りにくかったの~
アラフィフさんのおしっしゃる通りの活動ならまさしく求めていた感じなんですけれど

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック