FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2020年01月09日 (木) | 編集 |


知り合いの親戚で、共に伴侶を亡くされた高齢姉妹が自宅を処分し、別の1軒屋で暮らすことを検討しているそう

姉妹版シェアハウス?みたいなものか

子供さんがいるのかは定かではないが、どちらにしろ同居できる状況ではないのだろう

それならば・・・と、いった所か


仲が良ければそれはそれでいいことだと思える。

互いが体調不良の時には助け合えるし

何かあっても同居なら気づくのも早いだろう。

一軒家なら個室と居間が別々だし、台所も広い

施設より自由が利き、私物も多く置ける。

それに話し相手がいつでもいるということは認知症対策にもいいだろうし


でも家のような不仲な姉弟では無理だな・・・・(笑)

一緒の空間にいるだけで互いにストレスを感じてしまう。


おひとり様の私にも将来仲間を集ってシェアハウスに住んだらどう?と言ってくれたけれど

他の方と交流関係の皆無な私には無理~

誘える人も誘われる人もいないもの


でももしあるなら


おひとり様専用アパートなんてあればいいよね

部屋は個別にあって基本は各自自炊

1日1回の安否確認と入院が必要になった時は保証人を相互にしあえる。

葬儀とか不安なら個別に一時金で預けるとか積み立てとかしてさ

身寄りのないおひとり様でも暮らしていけるようなアパートがいい


そんなの夢のまた夢


なんだけどね。






たいがさん、おひさしぶりです。
そしてコメントありがとうございます。
そう言っていただけて嬉しかったです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック