FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2019年12月10日 (火) | 編集 |


さて、このNHK問題

解約しないことにはずーっと請求書が送られてくることになる。


祖母の時はどうだったのかなぁと思ったけれど、たしか四十九日前に家を解体したので


調査員が来ても

「家がない=TVがない=受信料が発生しない」

という図式だったのだろう


いや、父のことだからきちんと解約届を出したのかもしれないが。


さて今回、解約の手続きは弟を窓口にすることにした。


どのみち世帯消滅で届け出しても実家の名義は弟なので、下手に私がしゃしゃり出るとややこしくなるし、変な話「弟の言い訳上手」を利用しない手はない。


一番怖いのは家がある以上、なんだかんだと言われて解約届自体を送ってもらえない

別宅扱いにされ、家族割で払えとか言われかねない

それが怖い


電話して事情を伝えると、TVがないのに受信料を払い続けていた弟もようやく解約手続きをしたというのでこれは幸い


色々話した結果、やはりそのあたりの事情は私のようなバカ正直素人より詳しい(笑)


・デジタル放送になってからTV自体を電源を繋げてあると、ある種の電波を発するので、TVの有る無しは調査敷地外からでも確認できる
(これは都市伝説ではなく、仕事上見たことがあるそうだ)

・NHKの調査員は委託(成功報酬)なので電源を繋いでいなくても、無人なら平気で敷地の中に入り家の中を覗き込んでTVの確認もする可能性もある
(要は何するか判らない)


ということなので、実家の衛星放送のアンテナを外し、TVも外すことにした。

週末、アンテナを外しに実家へ行ったが、不器用ど素人の私では外すことは叶わず、電気屋さんにお願いすることにした。


外してから改めてNHKへ連絡してもらうつもり


実家はもともと父の口座からの引き落としなので、口座が無くなった今、勝手に引き落としされることもないし


TVがないといえば、リサイクル証明書を出せといわれるので、私が貰うことに。

そのうち誰かほしい人がいたらあげるつもり

世帯契約なのだから、1台だろうが2台だろうか契約料は変わらないのだしね。


ウチのTVは昔なのでB-Casカードも外付けだから一応カードの番号も教えられたけれど、今の新しいTVは内臓で取り出せないそう



書類等やこちらで動くのは私

相手との交渉は弟


いつもこうやって分業できていればいいのにね。


っていうか、進んでは何かをしない以上、上手に私が振り分けるしかないのかなぁ



それにしてもアナログ放送からデジタル放送への移行って

表上は電波の枠が足りないとか色々言っていたけれど、実際はこうした裏の面もあったのね。


だんだんとNHKの包囲網が厳しくなっている感じ。


早くスクランブルになって放送で観たい人だけが観れる世の中になってくれればいいのにね。





アラフィフの派遣さん、コメントありがとうございます。
押し売り感と簡単に解約させて貰えないのが私的にはちょっとね(苦笑)
NHKに直接かけても、受け付けて貰えず、地元の徴収係の番号(たぶん委託)を案内されるだけです(経験済)
TV無くして解約したって、たぶんしつこく来ますよ、これ(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック