FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2020年04月01日 (水) | 編集 |


所用があって弟に電話をした。

もう帰宅しているのかと尋ねたら、とうとう在宅勤務になったよう。

でも毎日ではないらしく、出勤する時もあるそうで、やはり在宅勤務って限界があるよね。


体調等に変化がないようなので安心したけれど、あの人も高血圧で投薬をしている体。
もし罹れば重体になるリスクもあるし、そうなれば唯一の肉親である私が動かねばならない。

それは逆に私が罹ったとしても同じなのだけれど

なんか不仲な姉弟だけれど、入院などの非常事態が起これば助け合えるのは弟(弟からすれば私)だけなんだよなぁ・・・と。

そうならないのが一番だけれどね。


北の大地は今のところ、小康状態のように感じるけれど、罹った人がでれば何処に住んでいるから始まって、何処で働いているとか、家族構成、はたまたゴシップのような話まで世間を賑わせる。

個人情報が丸裸!!

疎い私はへーへーと聞くだけなのだけれど、「何でそんなトコまで知っているの」と聞いたらネットで拡散しているらしい。

試しに店名と地名を検索窓に入れたら、自動的に「コロナ」と出たのには驚いた。


こうなると体調が悪くても隠している人も多いんだろうな・・・

そして感染経路不明の感染者が出る仕組み

ほんと早く落ち着いてほしい・・・。


今日は4/1新年度入社式だったけれど、やはり時節柄、皆が集まる事は避けた。

ウチは内定取り消しなどは無かったけれど、この新型肺炎で内定の取り消しのあった人などは人生を左右されたも同然。

何年か後に「こんな時もあったよね」と思える程度だといいけれど


「あんなことさえなければ・・・」


そう思う人が少ない事を心から願うばかり






そうそうオウム事件と9.11、どちらもショッキングな出来事でしたね~
事件の特異性と被害の大きさに確かに「こんな事が起こるなんて」と思ったように思います。
私の生活に直接関わらなったので何処か他人事だったのかもしれません。

ほんと自分が高齢化して来てから自然災害が多くなったように思っていたけれど
まさか1つの病気で世界中がこんな事になるなんて・・・と

この先もこういうことがあるんでしょうかね

不安ですよね・・・はぁ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック