FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2020年05月01日 (金) | 編集 |


あまりTVドラマはみません

自宅で無音というのが嫌いなのでラジオ代りにTVを付けていて聞き流しているけれどドラマをじっくり見るという事は1クールで1本あるか無いか

その中で今回は3本もあるのです(珍しい)

実はお楽しみはあと1本あったんたけれど1話見て、辞めました

・「美食探偵明智五郎
・「いいね!光源氏くん
・「家政婦のミタゾノ」

上2つは漫画が原作、そしてミタゾノさんはお馴染みですね(笑)

無類の漫画読みですが(唯一の趣味といっていい)その分、ドラマ化やアニメ化には微妙なものがあったりで、特に恋愛ものに関してはドラマ化されてもあまり見ません。


何故なら・・・


俳優(特にアイドル)ありきになってしまっているから


昔は結構ガッカリしたものが多くてね、アイドル売りがメインだから

昔「大奥」が映画化された時「水野はニノじゃねーよ」と叫んだものです、ハイ。

ニノ、けして嫌いではないんですが、私のくくりでは「美男子」ではないのでね。



でも今は漫画をドラマ化するのに製作者側も読み込んでいるなぁって思う事シバシバ

登場人物のイメージに近い人をキャスティングしているというか、この人しかありえないわーって思ってしまう事も

「ガラスの仮面」の月影先生を野際陽子さんが演じた時もそう思ったけれど、今回の「美食探偵」のマリア役の小池栄子さんにも思ってしまった・・・

私的には五郎役はもうちょっと年上(小池さんと同年代)が良かったかなぁと思ったけれど、中村倫也さんも好演して、とってもいい感じ

今回のドラマ化のお陰で新刊も出ましたしね。


ただね、この番組、日曜の夜10:30からなので、見終わると休日の終わり(明日から仕事)を実感されられちゃいますけれどね。


「いいね、光源氏くん」は私が苦手とする部類のキャスティングなんですが、恋愛恋愛してなくてゆる~く作ってあり、ほのぼのと見れます。

:原作のえすとえむさんは他の作品(「うどんの女」とか)は読んだことあるんだけど、これはタイトルしか知らなかった。

作風は派手じゃないけれと結構味わいのある人だと思っていたけれど、こういうのもあるんだなぁと気になって中古本を探したら、さすがドラマ化

値上がりしてました・・・ついこの間まで110円だったのに・・・くすん


ちなみに「いいね!光源氏くん」は第一絵巻~第四絵巻の一挙再放送あるそうでGWにお暇している人は見てみてください

2020年5月2日【総合】
午後3時25分から3時54分(1)
午後3時54分から4時23分(2)
午後4時23分から4時52分(3)
午後4時52分から5時21分(4)



「ミタゾノさん」は・・・なんか松岡さんの不気味さがパワーアップしてました、でもおかしー


楽しい事があまりない中で数少ないお楽しみとなってます♪






実は見なくなったあと1本は「今日の猫村さん」でした。

さすがに猫を松重聡さんでの実写化は無理があった・・・
特に猫村さんのずんぐりしているイメージだったのでスラっとして背の高い松重さんだと余計にね
でもぼっちゃん役の濱田岳さんは良い感じだと思ったけど(笑)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック