fc2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2023年11月26日 (日) | 編集 |


畑もすっかり片付けて、何もすることが無くなった実家

それでもアパートにいても何もすることはないし・・・と毎週通う。


強風も吹いていたし、家の周りをグルっと見て

ちょっと中で休んで、さて帰ろうかなと思っていたら、いつも野菜をくれるご近所さんが通りかかった。


少し立ち話をしてると

「大根植えたから持っていくかい?」という

???

土も凍る北海道で真冬に大根を育てるなんて事は無い。

っていうか、大根なんて収穫期も終わっているのにと不思議に思ってついていくと

「植えた大根」とは裏庭に穴を掘ってその中で保存している大根の事だった(笑)


私はおひとり様だから1本あれば十分だし、大根は作っていないけれど

確かにねー大根なんて、漬物にでもしないと大量保存は難しいし、

生や他の料理にしたいと思ったらこうするしかないんだよね。


そうこうしていると今度はそのお隣の家の奥さんが出てきて、

「どうしたの」と言うから、「○○さん(ご近所さん)に大根もらったの」というと

「食べきれなかったら切り干しにするといいよ」という。

聞いたら市販品のように細く切らなくても短冊に切って干しても立派に切り干し大根になるという

今度はその奥さんが「芋もいるかい?」とジャガイモをくれた。

今年は雨が少なく、暑かったので芋が大きくなりすぎて市販にならない芋を実家から貰ったという
2023112508373521c.jpeg
確かにデカい・・・ 10cm×8cm  

ここの奥さんもサバサバ系なので「この奥さん漬物上手だから貰っていきな」という。

大根を貰ったご近所さんが漬物をつけたカブの粕醤油漬けと、大根の酢漬け、ニシン漬けを貰い帰路に就いた。

ついでにその奥さんも貰っていたけれど

たぶん私をダシにして自分が漬物を貰いたかったのかもね(大笑)


漬物って漬ける人も高齢になって家で作る人も少なくなっているからこういうのも貴重だよね







にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック