FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年01月22日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク


街で暮らすようになって、徒歩通勤となった。
家々を眺めながら歩いていると、ふとある事に気がついた。

綺麗でおしゃれな戸建てなのに、草木が少ない。
庭はあっても、たいていの家が2台分と駐車スペースを多く取り、アスファルトやロッキングレンガで舗装してあり、地面が出ている部分が少ないのだ。

冬場の除雪や雑草の処理を考えると、合理的なのだけど、田舎住まいで家の窓から山や見え、ちょっと歩けば小川があり、土がある生活が当たり前だった私にはなんだか落ち着かない。

色んな小鳥が訪れていた実家の周辺と比べ、飛ぶ鳥はゴミの収集日にみるカラスくらい。
茶の間に居ながら、ベランダでスズメの戯れる姿を見られたのが、どれほど贅沢な光景だったのかと、デジカメに残った写真をみて思った。

引っ越し前の秋の一日
PA191944_20151019225446aee.jpg

PA191945_20151019225452bf9.jpg

PA191946_201510192255337dd.jpg
ナナカマドの葉の赤とスズメのくつろいだ姿がお気に入りで、スズメが居る限りずーっと見ていられた

以前はふきのとうをみて春の訪れをを感じていたけど、それすらどうなのか。。。

見渡す限り建物があるこのアパートで、寂しさを感じるのは1人暮らしになったせいだけじゃないかもしれない。

--------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------

別館にて2015年集計を公開中


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック