FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年03月01日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク


蝦夷地は大荒れ
JRは軒並み停まり、学校は休校となっているところもあるという
強風で停電になった地域もあるようで、氷点下の寒さを考えるとポータブルストーブがない家は辛かろう

私の住むところはそうでもないけれど、猛吹雪で亡くなられた方もおられるよう
数年前にもホワイトアウトで数名が亡くなっているけれど、人間が太刀打ちできないほどのこのエネルギーと言い、本当に自然の力は凄いと思う。
峠は越えたと思うけれど、これ以上の被害がないといいな。

今日数日振りに父の様子を見に行った。
変わりなく容体も安定しているよう。
話しかけても判ってもらえないし寝たきりだけど、このまま穏やかに日々を過ごせるといいな

帰りにスーパーへ寄った
そうしたらお赤飯が半額で、久しぶりに食べたくなって買ってしまった
P3012119.jpg
198円が半額の99円でした♪

見て判る通り、北海道のお赤飯は小豆やささげ豆でなく、甘納豆
ほんのり甘いのにごま塩をふって食べる。
色は食紅でほんのり染めてあり、甘じょっばくて美味しいのだ。
法事などは黒豆ともち米を蒸かす「黒飯(こくはん)」というおこわが出る事がある。
こちらは甘くはない。

晴れの日は甘い赤飯
そうでない日は甘くない黒飯

子供心に甘くない黒飯が美味しくなくて、乗っている黒豆は味が無いし、どうして黒飯も甘納豆で作っていないのかと不思議に思った記憶がある。

ネットで各地の色んな事を知った時、北海道以外の赤飯は「甘くない」と知って驚愕したのを覚えている。
そして色も小豆を煮出したものにもち米を浸し、色をつけると知ってそれまたビックリ
それじゃ「赤」じゃなく「小豆色」じゃんか・・・と

「甘くない赤飯なんて何処が美味しいの?」

と失礼ながら思ったものだ。

そんな北海道事情も知れ渡ってか、それとも本州からの人たちの「普通の赤飯が食べたい」という声に押されてか、北海道のスーパーでも甘納豆の赤飯と小豆の赤飯の両方とも売られるようになったのだけど、私はどうしても「甘納豆赤飯」を選んでしまう。

今は炊飯器も良くなっているから、昔の様に蒸かさなくても炊飯器でお赤飯も出来るよう

甘いお赤飯って本州の人にしたら抵抗があるかもしれないけれど、意外と美味しいのよ
興味があったら試してみて

赤飯(甘納豆)1パック 200g入り

赤飯(甘納豆)1パック 200g入り
価格:324円(税込、送料別)




----------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



----------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
甘納豆に1票!!
しま子さん、こんばんは。

今日のお天気、凄かったですね★
玄関から外に出た瞬間、会社休もうかと本気で思いました。
(それでもバスは定刻通り走ってる、ヤルわね!)

はいはいはい!甘納豆お赤飯、大好きです~!
小豆お赤飯のシンプルさが理解できないです。
黒飯とあんま変わんないですよね~。

・・・・ってゆーか黒飯食べない地域もあるんですか?
今、ググって知りました

また一つお利口になりました(笑)
2016/03/01(Tue) 20:14 | URL  | みみっく #-[ 編集]
みみっくさんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

本当に雪もさることながら風が凄いですよね
傘なんてさせませんもの
うっかり走ったら、止まらなくなりましたよ
追い風参考記録、バカにできません(笑)

道産子は甘納豆ですよね^^
黒飯って意外と食べられていないようですね
北海道の当たり前が全国的には当たり前じゃなかったって
結構あってびっくりしますよね。
2016/03/01(Tue) 20:22 | URL  | しま子 #-[ 編集]
甘納豆のお赤飯美味しそうですね!

食べてみたいです🎵
2016/03/02(Wed) 07:37 | URL  | 花音 #-[ 編集]
花音さんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

甘納豆お赤飯
思ったより美味しいと思いますよ
北海道にきたらコンビニでも売ってますので
食べてみてくださいね。
2016/03/02(Wed) 19:15 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック