FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年03月16日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク


今日は公立高校の合格発表だったよう。

受験生のいるお母さんはソワソワ
お母さんどころか、お孫さんが受験だという人もソワソワ
「まだ電話が来ない」とか「インターネットでまだ発表されていない」とかなんとか、落ち着かない様子

皆、口をそろえて「自分の受験の時より緊張する」って言う

出来たか、出来なかったか、
自信があるか、ないか
自分自身の事って、意外と判断つくけれど、第三者の親御さんは全くそれが判らないから余計心配なんだろうね。

「もし、落ちていたら、どう慰めよう・・・」
そんな心配もあるんだろうし

見ててほほえましくもあり、そして自分が受験生だった頃の遠い記憶を呼び起こされり。

私が受験生の頃はもう母はいなかった
父は三交代勤務だったから、その日が発表日だったか認識していたか覚えていない。
たぶん自分で見に行き、結果だけを伝えたのだろう
お祝いもないごくごく普通の日だったはず

言葉には出さなかったけれど、父も心配してくれていたのかしら?

親になって初めて親の気持ちが判るというけれど、子を産むこともなく親にもなる事はない私は一生、親の気持ちというものは判る事はないのだろうな

----------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



----------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
親の気持ちなんて、、、
しま子さん

確かに子無しの独身には 親の気持ちなんてわからないでしょう?ってよく言われます。一時期それに劣等感的な気持ちになりました、他人の家庭問題<子どもの事>の話題には入れませんし どことなくあなたには分からないよね~
と言う感じで言われても・・・・  親の経験はないから良く分かりませんが 今でも子どもの側の経験中ですからね。
親になる=立場が変わる=昔 自分が子どもだった頃の気持ちを自然と忘れるって事なんじゃないでしょうかね。

幼少期に何方かでも親を失くすと、
母親がいないと、、、、温もりや優しさ、人肌的な慰め感を欠落したような感じがします。
父親がいないと、、、、何となく世の中が怖くて闘いや争い的な事が無性に怖くなり<助け 守ってもらえないから>ます。
岩月謙司著の本を読んで衝撃を受けました。
2016/03/16(Wed) 23:30 | URL  | 新月 #-[ 編集]
新月さんへ
こんにちわ、コメントありがとうございまする

新月さんもその様な言葉を言われましたか・・・
私も以前に受けたことがあります。
だったら独身者に言わなければ良いのに・・・と
思ったけれど、言わずにいられなかつたのでしょう。
その人とは今は距離を置いて逢う事は無いですが
同じように既婚者との付き合い方を考えるきっかけになりました。

確かに片親で育つと色んな面でコンプレックスは持ちますね。
私はどうも女性との距離感と言うか付き合い方が判りません
小さい頃から知っているご近所さんは何ともないけれど
独特の女の社会と言うものに馴染めないのは
女性がいない家庭で育っていないからかなって感じてしまいます。

2016/03/17(Thu) 17:56 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック