FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年03月19日 (土) | 編集 |
スポンサードリンク


正月以来の参拝

就職して恙なく暮らせています
正社員になれそうです。
父も落ち着いています。
ありがとうございます。

そう心で感謝の言葉を伝えて、手を合わせてきた。

雪も融けたので久しぶりに高速道路を走った。
事故を起こしてから初めて乗る高速。
乗り慣れていないからか、スピートを出すと少し怖い。
やっぱり前の車の方が走りやすかったな・・・と思いつつ、贅沢になる自分を感じてしまった。

父が倒れた最初の2年は月に2回は参拝していた。
毎日定時まで働いた後、病院に20時までいて、土曜日はお参り
「どうか助けてください、少しでも1日でも長く生きさせて下さい」
高速を使わず、一般道を使い、通っていた。

今、思えばよくやっていたよ。
若かったからなのか
体力があったからなのか
疲れたと感じる暇すらなかったせいなのか・・・。

前職に勤めてからは殆どお参りに行くことは出来ず、2ヶ月に1度行けば良いほう。
しかも車の時は高速を使うし、ずいぶんとグータラ&贅沢になってしまったものだ。

お参りの帰りに父の元へ顔を見に行き、「お参りしてきたよ」と伝えたけれど、判っていないよう・・・仕方がない。

担当医師からの話では容体も落ち着いているし、昨年でていた黄疸も今は落ち着いているよう。そしてありがたいことに人工呼吸器のレベルも少しさげて自己呼吸を活かし徐々に人工呼吸器は補助的にしていくらしい。

信仰とか参拝とかは自己満足の何物でもないけれど、
後悔だけはしないように、そして感謝を忘れないように

感謝を忘れれば全てを失うという

手を合わせる時間はグータラな自分を戒める為に必要な事なのかもしれない。

----------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



----------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
素敵ですよ
しま子さん

自分のためより人のために手を合わせるってとても大切で素敵なことだと思いますよ。神仏でなくともその人がいる方角に向かって祈たっていいし、お天道様でもお月様でもいいんですよね。
かつて若き日の頃は何も出来ない自分は ただ祈った事もあります。自己満足と言うよりこういう気持ちが持てる自分は少しは真っ当な人間になれたような気がしました。

祈る・・・・って神に近づくって意味なんですよ。
マザーテレサの言葉を思い出します。
2016/03/21(Mon) 22:04 | URL  | 新月 #-[ 編集]
新月さんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。


「自分の事」は欲に繋がる事もあるので
なるべく願わないようにしています。
病とか自分の力ではどうしようもない時は願ってしまうと思いますが。

そうですね、対象って何でもいいと思います。
だって色んなモノに助けられて生きていますし
お月さんが見守ってくれてると思うだけで心強かったりもしますし。

1人だから余計に自分以外のものにそういう願いを持ってしまうのかもしれません。

どうしても失敗や感謝を忘れ、驕る気持ちが出てしまうので
自分への戒めなんですけどね(苦笑)
2016/03/22(Tue) 20:30 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック