FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年11月27日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク


持家か賃貸か、意見が分かれるところだけど
ライフプランが狂った時、「家なんか建てなきゃよかった・・・」という人の話は聞くけれど、世間の評価は「持家だから家賃が掛からなくていいわね」らしい。
貯金も出来ないキツキツな生活をしていたつもりだったが、持ち家があるというだけで余裕のある生活をしているように思われていたようでびっくりしてしまった。

どっちが良いんだろうねぇ・・・・

私は1人暮らしなら賃貸の方が安上がりだと思うのだけど
水道光熱費などは1人暮らしの倍は掛かるし、その他に火災保険、固定資産税、そして何よりメンテナンスにお金がかかる。
実家も屋根のトタンなので錆が出たら塗装は必須。だってトタンが錆びて穴が空いたら吹き替えで100万以上が軽くでていく。かといって2階建てだと屋根の塗装だけでも足場代がかかるので数十万が飛んでいく。これだけで1Rアパートの何か月分の賃料になる事やら
本州は瓦屋根だからそういうメンテナンスはないのだろうか。

父が倒れてからベランダのサッシが壊れ、玄関ドアを変え、灯油ボイラーが壊れ、ただ漏れになっていた洗面所の配管を直した。地デジになる時はアンテナ工事代もかかったし、屋根と壁の塗装、あぁ軒天も腐っていたんだ。この先も色々出てくるのだろう。

今は住んでいない家にお金をかけるのもバカらしいので極力、お金をかけないようにしているが、雪かきスコップを片づけるのに物置を開けたら屋根に穴が開いていた・・・
GWに鉄板を調達して応急的に打ち付けたけれど・・・

1軒家は維持費がかかりすぎる。
古くなればなるほど「負の遺産」と化す。
壊れても朽ちるままにして暮らせばお金はかからないだろうが、鍵も掛からないような家では留守にも出来ないし、水回りや雨漏りなどはさらなる被害を産むことになる。

ただとあるブログで書かれていた事を読んで、なるほどと思ったのが、おひとり様だとどうしても孤独死は避けられない。
病院や施設での看取られれば良いけれど、それが出来なかった場合は自宅で孤独死というのは避けられない。ぼっちで人付き合いも最小限度だとそうした場合は時間か経って発見されるだろうし、賃貸だと大家さんなどに迷惑をかけるが、持家だと家ごと解体すれば迷惑も最小限度で済むという。

持家が巨大な棺桶と言うことか

それはそれでアリだなぁと思うけれど、自分がその時を迎えるまで持家を維持していけるかが難しいのが悩みどころ。
まぁおひとり様が一軒家を持つのなら部屋数もいらないし、自分でペンキが塗れる平屋建てがベストだよね。
もしこれから中古の一軒家の購入を考えているおひとり様がいるのなら自分で屋根の塗装ができる平屋のこじんまりとした家がお奨めですよ

それはそうと。。。
どれほど生きるんだろうねぇ・・・

知りたいような知りたくないような・・・

-------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック