FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年03月26日 (土) | 編集 |
スポンサードリンク


午前中は病院の支払いと父の様子を見に行ってきた。

病室へ行くと看護婦さんが出入りしている。
消毒がてら手を洗っていると、看護婦さんから声を掛けられた。

「ホウカシキエンの可能性があるので採血しますから、少し病室から出てください」

ホウカシキエン???

なんとんく字面は判るけれど、どんな病気だったけ?と
廊下でガラケーで調べてみると
蜂窩織炎

父の場合、首の後ろが全体的に赤くなっていて、ここに病巣があるらしい
アイスノンを脇の下に挟んでいるトコロを見ると炎症から発熱もしているのだろう

倒れてから丸7年・・・
色々出てくる。
痛そうにしていないのが救いだけど。

以前にも点滴をしたトコロが化膿して、足の甲の皮がベロっと剥け、治るのに2~3ヶ月かかった。
首の後ろは神経もあるからちょっと怖い。
血液検査の結果が出たらまた呼び出されるのだろうな。

その後は実家へ様子を見にいく。
雪こそたまに降るけれどだいぶ暖かくなったので、水落としも必要なくなった。
思い切ってブレーカーも落としてきた。これで少し電気代の節約になるだろう。

お向かいさんが私の車を見て、また差し入れを持ってきてくれた。

たった1人で看取らねばならない辛さはあるけれど、こうした人がいてくれるだけで私は幸せだ。

絶対に一度は父をこの家へ連れてくる
ご近所の力を借りて送り出すつもり
その日まで家は守り続ける
ただその日が来るのが1日でも遅い事を祈るばかり

--------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック