FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年04月05日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク


アパートに住むようになって4ヶ月ほど経ったけれど、今頃になって会社から「緊急連絡先を書いてほしい」と言われてしまった。

賃料は給与から天引きされているから、とりっぱぐれは無いが、寝たきり老人(父)を抱えたアラフィフおひとり様。
もし万が一、突然倒れたり、アパートで突然死でもしたら会社が困ると思ったのだろう

友人知人じゃダメなのかな・・・と思ったけれど、「それだと他人だから困る」と拒否されて、仕方がないので弟の名と携帯番号を書いた。

でも掛けても出ないよ、間違いなく(苦笑)
寝たきりで、いつ急変するか判らない親が居ても、電話に出ない人だから
実際、去年父の具合が悪くなった時も折り返しもなかったし。
着信あっても無視するんだから、出るはずないし
たぶん、私が倒れて死んでも後処理になんて来ないよ

と言葉を飲みこんで

「弟は繋がらない事が多いので・・・・」と言って、もう一カ所、遠方に住む伯母の家の電話番号も書いておいた。

余計な事を言っちゃったかな??
たぶん変に思われているよね。

仕方がない

だって絶縁なんだもの


今回はこの程度で済んだけれど、こういう事があると考えてしまうのはやっぱり入院時の保証人と退職した後の住まいの保証人・・・
何度も何度もメビウスの輪の様にめぐる悩み
またこんな事を書けば「しつこい」「同じことばかり書くな」「そこまでして毎日更新したいのか」ってコメント貰っちゃうかもね(苦笑)

あーあ。。。
みんなどうしているんだろう。。。

--------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
この前Youtubeで見ましたが、孤独老人だけの下宿というものがあるそうです。
そういう所を事前に見つけておくのも安心材料になると思います。
あとはやはり行政に頼るしかないと思います。ボランティアで独居老人宅を訪れて声の掛け合いをしたりしてる所もあるみたいですし探せば色々と出てくると思います。
先の事を心配するのは当然だと思うし自然なことだと思いますが、余り考えすぎると煮詰まりすぎてそれがまたストレスになり悪循環だと思うし、先の事を考えるとお金の事とか気が遠くなるような現実なので、まずは足元を固めて貯金を増やしながら少しでも趣味的な物を持つとか、そういう方面にエネルギーを使った方が健康的だと思います。
お互いに目の前の事を一歩一歩確実に仕上げていきましょう!
2016/04/06(Wed) 04:44 | URL  | 恵美子 #auNoIjk.[ 編集]
私は楽しみにしていますよ。書いてください。
私も、若くして母を亡くしていて、ほかの家族とは絶縁状態です。(むこうの事情で)
若い時から緊急連絡先や保証人で苦労しました。
だからとても共感していますよ。
2016/04/06(Wed) 12:05 | URL  | 野絵 #-[ 編集]
こんにちは

「緊急連絡先」「保証人」の問題は未婚、既婚関係なく頭を悩ませる問題だと思います。
入院の際の保証人は、別世帯でなければならず妻が入院した場合は、同居の夫は保証人になれないからです。

兄弟に頼むのが一般的なのでしょうが、一人っ子や兄弟と絶縁しているような場合どうすれば良いのでしょうね。

遠方でも叔父、叔母がいるうちは頼むしかないのではないでしょうか。

2016/04/06(Wed) 13:37 | URL  | どろんこ #-[ 編集]
恵美子さんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

>孤独老人だけの下宿
いいですね。そういうの。
お互いがお互いを助け合えるし、
何かあった時に傍に誰かがいるだけで助かる時って多いですから
そういうトコロが見つかるといいんですが。。。

そうなんですよね~
常に心に引っ掛かるというか
自分の健康にも不安が出てくる年なので
考えてしまいがちです。

まずはお金を貯める事ですよね。
ホームに入れるお金は無いけれど、
あるにこしたとは無いのだから節約して貯めていこうとおもいます。
2016/04/06(Wed) 19:12 | URL  | しま子 #-[ 編集]
野絵 さんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

そうなんですか・・・
それはご苦労されましたね。
若い頃よりも今の方がそういうものに悩まされる事はありませんか?
どのように対応されているのか
もしよかったら教えてくださると助かります。
2016/04/06(Wed) 19:14 | URL  | しま子 #-[ 編集]
どろんこさんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

ウチの父の入院時は、同居ですが私が保証人になれましたよ。
こういうのは病院によって違うのでしょうか?
一応、この辺りでは大きい病院なんですけど、地域差もあるのかなぁ・・・

保証人も有職じゃないとダメなどというのもあるようですよね。
それに伯母はもう86ですし、名前だけとはいっても
何時までも存在を当てには出来ないなぁと思ってます。
本当に一人っ子の人や従兄なども居ない人はどうしているんでしょうか・・・
いつも気になっています。

どろんこさんはご結婚もされてお子さんもいらっしゃるし
今、現在健康に不安が無いのであれば
そんなに心配しなくても良いのでは?
お子さんが大きくなるまでの少しの我慢だと思いますよ^^
2016/04/06(Wed) 19:23 | URL  | しま子 #-[ 編集]
> またこんな事を書けば「しつこい」「同じことばかり書くな」「そこまでして毎日更新したいのか」ってコメント貰っちゃうかもね(苦笑)
読んでびっくりしました。イヤな奴もいるもんですね(そんなこと言うのはたぶん低能な男でしょう)。
ブログは自分が書きたいものを書くもの。
ギャラを貰って書くエッセイじゃあるまいし、書きたいことを書いて何が悪い!
文句があるなら来るな!と代わりに言ってやりたいです。

おひとりさまの私もいつも答えのでない同じ問いを繰り返しています。
簡単に答えが出せるなら悩みはしない・・・。
そんなこともわからないのかバカ野郎!(また怒りがこみあげてきました)。
いくらでも書きたいことを書いてください。
同じ思いの人がいると思うと目にしたときになぐさめられます。
2016/04/06(Wed) 22:22 | URL  | 地味女 #oPL.xBuk[ 編集]
大丈夫!いろいろな保証会社があるよ。
私も、体調悪いと老後がやたら心配になるけど、なんとかなるさ~。連絡とれなくても、弟さんの番号知ってるならいいじゃない!私の兄弟は今天国だから携帯番号ないのよ~。夜分にごめんなさい、不安におののいた気持ちがわかるから、同年代の女より。
2016/04/06(Wed) 22:32 | URL  | 斉藤 #-[ 編集]
お返事ありがとうございます。
会社は小さいところなので緊急連絡先は書くだけで大丈夫でした。アパートは、家族に何とか連絡を取らなくてはなりませんでした。とても嫌な思いをして、辛くて書けませんのですみません。
行政やNPOなど、あらゆるところに聞いても良い返事はありませんでした。いざという時も助けがないのがこの国だと思い知りました。自助努力しかないと思い知り、
いろいろ努力をして、ストレスで高血圧になりました。
そうしてすごく頑張って、去年、49歳にして何とか結婚しました。
2016/04/07(Thu) 14:53 | URL  | 野絵 #-[ 編集]
地味女さんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

どうもネガティブブログなせいか、そうしたコメントをひきつけてしまう様です。
特に元彼や弟の愚痴などをかくと、そうした言葉がテキメンにやってくるので
つい書いてしまいました。

だったら見なければいいのに・・・と私も思うのですが
「嫌なモノ見たさ」というか、そういうものに近いのでしようね。
嫌いだからこそ気になるという
目に入るからランキングに載せるなまで書かれたこともありますから

明るく前向きな人なら読む方も楽しくて良いけれど
不平不満がいっぱいな性格&ブログなんで
どうしてもそうなっちゃうのかなーと葛藤します
2016/04/07(Thu) 21:30 | URL  | しま子 #-[ 編集]
斉藤さんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

そうだったんですが・・・
お辛い経験をされましたね。

絶縁だし、色々問題を抱えていますが、
生きているので「名前だけ使える」という利点には感謝しないといけませんね。

この先、自分にベストな保証会社を見つける事が出来る事を願うばかりです。
2016/04/07(Thu) 21:33 | URL  | しま子 #-[ 編集]
野絵さんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

そうだったんですね・・・
私は社宅なのでそうした苦労はなかったけれど、
嫌な人と連絡を取らなけれ長谷ならなかったのは辛かったでしょう。
私も緊急連絡先は書いただけです。あえで連絡はしていません。
仮にしたって出ないんだから無意味ですしね。

日本は今も昔も変わらずに「家族単位」のシステムですよね。
その枠から外れたモノにはとても生きにくい世の中だなぁと感じています。

私も自分の身の上を考えた時に結婚を視野に入れましたができませんでした。
高齢になっての結婚は若い頃と違って色んな問題が出てきますよね。
きっと野絵さんもかなりのご苦労や葛藤と戦った末のご結婚だったと思います
(40代の婚姻率は2%らしいてす)

この先も悩まれる事があるかと思いますが
ご主人と共に語り合い乗り越えてくださいね^^

努力して幸せをつかんだ人は私にとっても希望にもなりますから
2016/04/07(Thu) 21:49 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック